MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 05月 11日

新緑の嵯峨野巡り -eX cafe 嵐山本店、嵐山のむら-

b0169330_22503144.jpg
嵐山の人気のカフェへ。(2008年6月5日訪問)



b0169330_22504156.jpg
嵐電嵐山駅のそばの路地の奥まったところに、
b0169330_22552011.jpg
人気のカフェ「eX cafe 嵐山本店」はあります。
b0169330_22563041.jpg
門をくぐると、
b0169330_22561837.jpg
重厚な建物が見えてきます。
b0169330_22561350.jpg
周りには美しい庭園が広がっていました。
b0169330_22514914.jpg
中に入り、庭園を見渡す窓側のお席に座りました。
b0169330_22553646.jpg
b0169330_22552939.jpg
「eX cafe 嵐山本店」は、昭和に建造された旧邸宅を改装したカフェで、
b0169330_2256821.jpg
広がる庭園を眺めながら美味しいオリジナルの京スイーツをいただけることで人気のカフェとなっています。
b0169330_22554925.jpg
この時いただいたのは「抹茶ラテ」。
b0169330_22555546.jpg
抹茶の風味とクリーミーな味わいに、ほっこりしました。
b0169330_7104498.jpg
3年前に再び訪れました。(2011年8月21日訪問)
b0169330_7105392.jpg
b0169330_063996.jpg
夏場でしたので、氷の旗が目をひきました。
b0169330_7113547.jpg
b0169330_7111426.jpg
門をくぐって、
b0169330_7103559.jpg
広がる庭園を見ながら、
b0169330_0111169.jpg
お店へと入ります。
b0169330_01115100.jpg
前回と同じ窓側の席に座りました。
b0169330_6555179.jpg
左手には緑美しい庭園が広がり、
b0169330_6555640.jpg
落ち着いた空間が広がっていました。
b0169330_710245.jpg
庭園を眺めながらいただいたのが、
b0169330_656175.jpg
「天龍寺パフェ」。
b0169330_6561172.jpg
赤い傘がかわいいパフェはお店の人気メニューの一つです。
b0169330_6563127.jpg
抹茶アイス、ほうじ茶アイス、抹茶のわらびもち、くず餅、白玉、あずきと、
b0169330_6564168.jpg
京都らしい味が詰まったパフェを、
b0169330_7101439.jpg
広がる和の雰囲気の中でいただくことができました。
b0169330_712342.jpg
b0169330_7121372.jpg
b0169330_7112526.jpg
他にも、竹炭を生地に練り込んだ「京黒ロールくろまる」や和風パスタの「茶そばのカルボナーラ」など、オリジナルメニューが豊富にあり、また訪れたいカフェです。
b0169330_7114414.jpg
b0169330_802713.jpg
そして、「eX cafe 嵐山本店」の隣には、
b0169330_803756.jpg
こちらも民家を改築した甘味処、
b0169330_804126.jpg
「嵐山のむら」さん。(2011年8月21日訪問)
b0169330_805250.jpg
自家製甘味とねぎ焼きが人気のお店です。
b0169330_81795.jpg
お店に入ると、天窓からは木漏れ日が差し込む中、
b0169330_81284.jpg
落ち着いた雰囲気が広がり、
b0169330_805724.jpg
奥には緑のお庭を見渡しました。
b0169330_811215.jpg
名物「嵯峨のねぎ焼き(680円)」をいただきました。
b0169330_826137.jpg
九条ねぎや卵、肉そぼろ、こんにゃくなど京の味が詰まったねぎ焼きは、
b0169330_8262550.jpg
1999年のお店のオープン以来、変わらぬ人気を誇っています。
b0169330_8263270.jpg
ソースと胡麻の香りが食欲をそそります。
b0169330_8263920.jpg
口に頬張ると九条ねぎが持つ甘みと香りが凝縮され、どこか懐かしい美味しいねぎ焼きでした。

by kyoto-omoide | 2014-05-11 13:00 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 新緑の嵯峨野巡り -京都・嵐山...      新緑の嵯峨野巡り -嵐山よしむら- >>