MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 07月 14日

鎌倉散歩 #45 -三溪園のハス(前編)-

b0169330_22103641.jpg
三溪園の早朝観蓮会へ。(2012年7月16日訪問)



b0169330_22101736.jpg
横浜・三溪園の早朝観蓮会を訪れました。
b0169330_2304475.jpg
園内に入ると、
b0169330_2305070.jpg
大池が広がり、
b0169330_2305751.jpg
丘の上に三重塔を見渡します。
b0169330_2210307.jpg
三渓園では毎年蓮の時期に、早朝観蓮会が開催され、
b0169330_22104157.jpg
朝のすがすがしい空気の中で、咲いたばかりのハスを楽しむことができます。
b0169330_22104712.jpg
ハスの花は、明け方からゆっくりと開花し、午前7時頃に一番の見ごろを迎えます。
b0169330_22105358.jpg
このため、見頃の時期の土・日・祝日は午前6時に開園し、
b0169330_2211425.jpg
早朝から大勢の人が訪れます。
b0169330_22105978.jpg
蓮池に咲くハスと、
b0169330_2211914.jpg
三重塔を見渡す夏の風景は、
b0169330_22111587.jpg
三溪園の代表的な風景の一つです。
b0169330_22112286.jpg
b0169330_22594886.jpg
この早朝観蓮会は昭和50年から毎年開催されており、
b0169330_22595797.jpg
すっかり三溪園の夏の風物詩として定着しました。
b0169330_23046.jpg
b0169330_2301057.jpg
b0169330_230165.jpg
b0169330_22113066.jpg
早朝の空気の中で蓮の花を愛でていると、
b0169330_22113731.jpg
朝から清々しい気持ちになりました。
b0169330_22114334.jpg
b0169330_22115257.jpg
b0169330_7115320.jpg
b0169330_712334.jpg
b0169330_7121212.jpg
b0169330_7121849.jpg
b0169330_7123047.jpg
b0169330_7124621.jpg
b0169330_23263614.jpg
b0169330_2302377.jpg
ハスの茎の根本から入った水が葉脈の先端から吹き出すハスのシャワーの演出も見ることができました。
b0169330_2326449.jpg
三渓園は、生糸貿易で財をなした横浜の実業家 原三渓の元邸宅です。
b0169330_2303043.jpg
17万5千㎡(約53千坪)にも及ぶ広い庭園は、原三渓の手によって精魂込めて造られ、
b0169330_2303727.jpg
明治39年(1906年)に「三渓園」として一般に公開されました。
b0169330_231443.jpg
また、園内では、京都や鎌倉などから移築された歴史的に価値の高い建造物を見ることができます。
b0169330_2311054.jpg
こちらの御門は1708年(宝永5年)頃建築で京都東山の西方寺にあった薬医門を移築したものです。
b0169330_2311747.jpg
御門をくぐり、
b0169330_232995.jpg
石畳を進むと、
b0169330_745087.jpg
臨春閣が見えてきました。
b0169330_745866.jpg
重要文化財に指定されたこの臨春閣は、1649年(慶安2年)の建築で、
b0169330_7555.jpg
和歌山県岩出市にあった紀州徳川家の別荘 巌出御殿(いわでごてん)の建物と言われています。
b0169330_751347.jpg
内部には狩野派を中心とする障壁画があり、
b0169330_752625.jpg
年1回GWに内部が公開されます。
b0169330_75401.jpg
美しい庭園を眺めながら歩いていくと、
b0169330_755445.jpg
臨春閣へと続く橋が見えてきました。
b0169330_754617.jpg
この橋は亭樹(ていしゃ)と呼ばれ、
b0169330_76183.jpg
京都・高台寺の観月台を模して造られたと言われています。
b0169330_761661.jpg
緑に包まれた亭樹を渡ると、
b0169330_7689.jpg
こちらも重要文化財の聴秋閣が見えてきます。
b0169330_76422.jpg
この聴秋閣は1623年(元和9年)の建築で、
b0169330_76363.jpg
徳川家光が二条城内に建て、後に春日局が賜ったと伝わる建物です。
b0169330_764775.jpg
b0169330_765382.jpg
振り返ると、緑の中に亭樹が佇み、
b0169330_78350.jpg
その向こうに三重塔を見渡しました。
b0169330_782329.jpg
亭樹の奥に臨春閣を見ながら回遊路を進み、今度は三重塔を目指します。

by kyoto-omoide | 2014-07-14 06:30 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #45 -三溪園のハ...      鎌倉散歩 #45 -初夏の松葉... >>