MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 09月 07日

嵯峨野・晩夏 -鯛匠 HANANA-

b0169330_1755643.jpg
嵐山の絶品鯛茶漬け。(2012年8月17日訪問)



b0169330_1754456.jpg
嵐山のメインストリートに面した「鯛匠 HANANA」さん。
b0169330_16493641.jpg
2007年秋にオープンした鯛茶漬けの専門店です。
b0169330_16494347.jpg
朝〆真鯛の絶品の鯛茶漬けがいただける人気のお店です。
b0169330_16492279.jpg
暖簾をくぐると、
b0169330_1649495.jpg
竹の路地が奥へと続きます。
b0169330_16495639.jpg
小さなお庭も見えます。
b0169330_1656501.jpg
お店に入り、
b0169330_16573422.jpg
お庭の見えるカウンターのお席に案内していただきました。
b0169330_16564348.jpg
窓からは緑の光が差し込みます。
b0169330_16574026.jpg
しばらくして注文していた「鯛茶漬け御膳(2,000円)」が運ばれてきました。特製胡麻ダレの上に盛られた真鯛の薄造りと、煮こごりなどの鯛の一品、京のおなお野菜に香の物とお櫃のご飯がセットになっています。香の物もすべてお店で漬けたこだわりのお料理です。
b0169330_16575837.jpg
真鯛の薄造りは、市場より毎日直送される朝〆鯛をで、お刺身でもお茶漬けでも美味しく食べれるよう切り方や薄さにもこだわっています。
b0169330_1658464.jpg
秘伝と言う特製胡麻ダレの香りも食欲をそそります。
b0169330_16581048.jpg
b0169330_16581658.jpg
お櫃で供されるご飯はお代わりも自由です。
b0169330_1659912.jpg
さて、食し方にはお勧めがあり、それにならっていただきます。まずは鯛を特製の胡麻ダレと一緒にお刺身でいただきます。
b0169330_16591595.jpg
次に胡麻ダレを絡めた鯛をご飯にのせ、漬け丼風にいただきます。
b0169330_16592110.jpg
最後に煎茶をかけ、
b0169330_16592841.jpg
お茶漬けでいただきます。
b0169330_1659402.jpg
自家製のお漬物と美味しくいただきました^^
b0169330_16594726.jpg
最後に甘味がつくのですが、お店が空いてきたということでテーブルのお席でいただきました。
b0169330_16595332.jpg
こちらは道路側にあるお部屋になり、右側には入口から続く竹の路地が、
b0169330_16595985.jpg
正面には嵐山のメインストリートを見渡します。
b0169330_175615.jpg
格子戸の緑を見ながらいただいた甘味は、
b0169330_1745277.jpg
丹波大納言を使った白玉あずき。
b0169330_1751890.jpg
上品な甘さでさっぱりしました。
b0169330_16485131.jpg
京都らしい風情とおもてなしの中で、
b0169330_16485658.jpg
美味しい鯛茶漬けをいただくことができました。

by kyoto-omoide | 2014-09-07 16:15 | 京都(和食) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 嵯峨野・晩夏 -法輪寺-      嵯峨野・晩夏 -直指庵- >>