MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2014年 12月 11日

アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~(前編)

b0169330_234674.jpg
夜の二条城へ。(2014年11月1日訪問)



b0169330_2341041.jpg
10月24日(金)から12月14日(日)まで二条城で行われている「アートアクアリウム城 ~京都・金魚の舞~」を訪れました。
b0169330_2364635.jpg
10月24日に始まって以来、
b0169330_2341491.jpg
特に週末は連日大行列ができており、
b0169330_2341822.jpg
訪れた11月の連休時には60分待ちとなっていました。
b0169330_2342242.jpg
なかなか進まない列に並び、暗闇にシルエットが浮かぶ唐門を見ながらゆっくり進み、
b0169330_2342614.jpg
ようやく入口が近づいてきました。
b0169330_2364023.jpg
会場となるのは、
b0169330_2363518.jpg
普段は非公開の二の丸御殿中庭。チケットを切って中へ。
b0169330_2343015.jpg
会場に入って最初に見えてくるのが「水中四季絵巻」。
b0169330_2343488.jpg
プロジェクションマッピングにより投影された日本の四季の風景の中、
b0169330_2343920.jpg
錦鯉が泳ぎます。
b0169330_234436.jpg
全長8mの絵巻水槽が、
b0169330_2344866.jpg
美しい日本の四季に彩られます。
b0169330_235581.jpg
b0169330_2351647.jpg
何重もの人垣でなかなか前に進めませんでしたが、
b0169330_2351130.jpg
ようやく最前列にきました。
b0169330_2352123.jpg
四季の風景の中を、
b0169330_2352646.jpg
優雅に泳ぐ錦鯉。
b0169330_2353192.jpg
その斬新さと優雅さは、
b0169330_2353637.jpg
ため息が出るほどの美しさでした。
b0169330_2354199.jpg
b0169330_2354776.jpg
b0169330_2355240.jpg
水中四季絵巻を堪能し、
b0169330_2355741.jpg
台所で行われる「古都紅葉ふぶき」へ。
b0169330_236645.jpg
江戸時代に栄えた伝統工芸である硝子細工「江戸切子」により1000枚の落ち葉を制作し、
b0169330_2361248.jpg
そこにプロジェクションマッピングによる最新の演出技術を駆使し、燃える様に紅葉した木が風に吹かれ、吹雪のように舞い散る様を表現していました。
b0169330_2361822.jpg
硝子細伝統工芸の技と最新映像の技が融合して生まれた、幻想的な美しい映像インスタレーションの世界が広がっていました。
b0169330_2362456.jpg
b0169330_236296.jpg
美しい光の世界を堪能し、メイン会場の二の丸御殿中庭へ進みます。

by kyoto-omoide | 2014-12-11 19:30 | 京都(特別公開) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< アートアクアリウム城 ~京都・...      1歳になりました。 >>