MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 04月 20日

高雄の桜 -平岡八幡宮-

b0169330_17104924.jpg
椿の平岡八幡宮へ。(2008年4月12日訪問)



b0169330_1710548.jpg
桜に包まれた参道を歩いていくと、
b0169330_1861765.jpg
神護寺の守護神として、弘法大師(空海)が大同4年(809年)に創建した平岡八幡宮が見えてきます。
b0169330_23404280.jpg
山城国最古の八幡宮として知られ、
b0169330_1862662.jpg
境内に咲く椿でも有名です。
b0169330_23453767.jpg
b0169330_1711026.jpg
毎年3月中旬から4月中旬にかけては椿を愛でる会が開催され、
b0169330_1711584.jpg
4月中旬には桜と椿の競演を見ることができます。
b0169330_186314.jpg
境内には樹齢300年を超える紅椿や、
b0169330_186772.jpg
樹齢200年の白玉椿などの約200種類の椿を観賞することができます。
b0169330_1861129.jpg
b0169330_23362932.jpg
b0169330_23363694.jpg
b0169330_23364334.jpg
b0169330_23364930.jpg
b0169330_23365578.jpg
b0169330_2337229.jpg
b0169330_233794.jpg
b0169330_23371736.jpg
b0169330_23372436.jpg
b0169330_23373097.jpg
b0169330_1863399.jpg
b0169330_1863945.jpg
b0169330_2341157.jpg
b0169330_23452010.jpg
b0169330_23452557.jpg
b0169330_2341834.jpg
b0169330_1862172.jpg
平岡八幡宮は弘法大師が神護寺の守護神として自ら描いた僧形八幡神像を御神体として創建され、
b0169330_1864498.jpg
本殿は室町時代に焼失しましたが、足利義満により再建され、現建物は文政9年に修復されました。
b0169330_23445453.jpg
本殿の内陣天井は、花の天井」と呼ばれる、極彩色の花絵44面が描かれ、
b0169330_2345045.jpg
春と秋には、「花の天井 特別拝観」が行われます。
b0169330_23412118.jpg
江戸末期に綾戸鐘次郎藤原之信により極彩色で描かれた44枚の図柄は、
b0169330_23443456.jpg
椿や梅などをはじめ四季折々の花で彩られています。
b0169330_23444216.jpg
b0169330_23405478.jpg
宮司さんの楽しいお話を聴きながら花の天井や境内を案内いただいた後、
b0169330_23453146.jpg
大福茶の接待がありました。
b0169330_1865120.jpg
美しい桜と、
b0169330_23373537.jpg
椿の花に包まれた春の平岡八幡宮で、
b0169330_23403599.jpg
静かなひと時を過ごすことができました。
b0169330_23451335.jpg


by kyoto-omoide | 2015-04-20 09:15 | 京都(桜) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #50 -晩春の北鎌...      高雄の桜 -神護寺- >>