MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 07月 05日

鎌倉散歩 #52 -紫陽花の北鎌倉巡り(建長寺・後編)-

b0169330_23111535.jpg
紫陽花の塔頭巡り。(2012年6月30日訪問)



b0169330_23105124.jpg
杉木立の石段を上がっていくと、
b0169330_231109.jpg
龍峰院と天源院が見えてきます。
b0169330_2311441.jpg
どちらも非公開ですが、天源院の山門から覗くと緑の中に紫陽花が咲いていました。
b0169330_23111087.jpg
石段を下り、
b0169330_23111939.jpg
境内の奥へと進みます。
b0169330_23112416.jpg
こちらは正統院。
b0169330_2311281.jpg
上ったところに山門があり、
b0169330_23113374.jpg
緑の向こうに本堂が見えていました。
b0169330_2311379.jpg
さらに進んでいくと、
b0169330_23114285.jpg
紫陽花の径が見えてきました。
b0169330_23114878.jpg
b0169330_23115515.jpg
b0169330_23221970.jpg
さらに進むと、半僧坊への参道が続き、
b0169330_23224348.jpg
ここも紫陽花が咲いていました。
b0169330_2323284.jpg
b0169330_2323897.jpg
建ち並ぶ鳥居をくぐり、
b0169330_23231433.jpg
参道を進んでいきます。
b0169330_23232085.jpg
b0169330_7513893.jpg
階段を上がり、
b0169330_23233394.jpg
緩やかな坂道を進むと、
b0169330_23233999.jpg
美しい緑に包まれた、
b0169330_22481272.jpg
階段が続いていました。
b0169330_22482199.jpg
ゆっくりと上っていくと、
b0169330_22482856.jpg
斜面にヤマユリが咲いていました。
b0169330_22484079.jpg
緑の中に続く階段を、
b0169330_22484742.jpg
ひたすら上がっていきます。
b0169330_22485341.jpg
ようやく最後の階段を上がっていくと、
b0169330_22485974.jpg
右手に見えてきたのが、
b0169330_725899.jpg
天狗の像。
b0169330_7251849.jpg
建長寺の鎮守・半僧坊大権現のお供とされ、
b0169330_7505140.jpg
参拝者ににらみをきかしています。
b0169330_7505888.jpg
b0169330_751360.jpg
b0169330_22492775.jpg
階段を上りきると、半僧坊社殿があります。
b0169330_7235442.jpg
半僧坊は、明治時代に静岡の方広寺(奥山半僧坊)から建長寺の鎮守として勧請され、火防、厄除け等様々なご利益があるとされます。
b0169330_22492011.jpg
ここにも鳥天狗。
b0169330_724035.jpg
その見つめる先には、
b0169330_724686.jpg
青い海。
b0169330_7241740.jpg
遠く湘南の海を見渡し、
b0169330_7241197.jpg
眼下には建長寺の境内を見下ろしました。
b0169330_7511070.jpg
半僧坊へのお参りと眺望を楽しみ、
b0169330_751161.jpg
階段を下っていきます。
b0169330_7512252.jpg
鳥居をくぐり、
b0169330_7512799.jpg
振り返ると緑の中に半僧坊の社殿が包まれていました。
b0169330_7513356.jpg
参道を戻り、
b0169330_7514439.jpg
傍らに咲く紫陽花を愛でながら、
b0169330_7514913.jpg
建長寺の境内へと戻っていきます。
b0169330_7515438.jpg
b0169330_7515919.jpg
建長寺の広大な境内に咲く紫陽花を、
b0169330_2248083.jpg
静かに愛でることができました。

by kyoto-omoide | 2015-07-05 08:30 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #52 -紫陽花の北...      鎌倉散歩 #52 -紫陽花の北... >>