MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 03日

町屋Cafe巡り -雪ノ下京都本店(前編)-

b0169330_23184366.jpg
雪ノ下のパンケーキ。



b0169330_2323295.jpg
烏丸御池から三条通を西に歩いていくと、
b0169330_23222823.jpg
1階が車庫になった町屋が見えてきます。
b0169330_23225592.jpg
「雪ノ下京都本店」。(2015年4月29日訪問)
b0169330_23225038.jpg
雪ノ下は、大阪梅田でパンケーキとかき氷で大人気となり、全国に店舗ができています。
b0169330_23223492.jpg
2014年2月に京都本店ができ、週末は行列ができる人気店となっています。
b0169330_22361762.jpg
雪ノ下は日本中の厳選した美味しい食材を使用したパンケーキとかき氷の専門店で、
b0169330_22362295.jpg
2012年7月、大阪梅田にオープン以来、分厚い系パンケーキ店の中でトップクラスの美味しさと人気を誇ります。
b0169330_2232255.jpg
階段を上がり、
b0169330_736187.jpg
2階のお店に入ります。
b0169330_22323851.jpg
b0169330_22324671.jpg
扉の向こうには、
b0169330_22342755.jpg
落ち着いた雰囲気にテーブルが並んでいます。
b0169330_22343573.jpg
b0169330_7363529.jpg
席に座ると、
b0169330_7365140.jpg
すっかり満席になっていました。
b0169330_7365966.jpg
注文して、
b0169330_7362746.jpg
約20分、
b0169330_23183684.jpg
パンケーキが運ばれてきました。
b0169330_2319231.jpg
注文したのは最もシンプルな「発酵バター 静岡産蜂蜜を添えて(700円)」。
b0169330_2319880.jpg
厚さ4cmのまん丸パンケーキは、
b0169330_23191350.jpg
多気郡平飼い有精卵、大美伊豆牧場の低温殺菌牛乳、鹿児島シラス台地の天然水を使って焼き上げ、
b0169330_23204258.jpg
芳醇な発酵バターと蜜柑の花から採取した高級蜂蜜でいただきます。
b0169330_23204936.jpg
シンプルな中にもこだわりの素材が詰まった一品です。
b0169330_23205668.jpg
セルクルを使って焼き上げたパンケーキは、芸術的に整ったまん丸形で、
b0169330_22311887.jpg
ナイフを入れるのがもったいないほどでした。
b0169330_22312566.jpg
長々と鑑賞していましたが(笑、早速いただきます^^
b0169330_22313712.jpg
発酵バターの上から、
b0169330_22314490.jpg
蜂蜜をかけていただきます。
b0169330_22315027.jpg
生地はしっとりもっちりした柔らかな弾力で、卵本来の味がしっかりと出ていて、
b0169330_22315670.jpg
発酵バターの豊かなミルクの風味とすっきりした甘さの蜂蜜と絶妙に絡み合います。
b0169330_2232538.jpg
パンケーキをいただいている間に、一緒に頼んでいた珈琲(600円。パンケーキ等とセットで頼むと200円引きとなります。)も運ばれてきました。
b0169330_22321166.jpg
珈琲は東京の堀口珈琲のスペシャルティー珈琲。日本のスペシャルティコーヒーの草分け、堀口俊英氏のお店です。
b0169330_22321950.jpg
ホットコーヒーは3種類から、「ブレンド#2 FLOWERY & JUICY」。飲みやすく、かつフルーティー、華やかな香りと余韻が味わえる珈琲でした。
b0169330_22272466.jpg
さて、雪ノ下は全国にお店が増え続けており、概ね同じメニューになっています。
b0169330_22272911.jpg
他のパンケーキを試してみたくて、
b0169330_2325211.jpg
東京4店舗の一つ、銀座店を訪れました。
b0169330_2323347.jpg
階段を上がっていくと、
b0169330_2322327.jpg
ここまで並んでいると60分待ち^^
b0169330_232387.jpg
平日の夜ということで幸いにも待ち時間なしで入れました。
b0169330_22274077.jpg
注文したのがこちらのパンケーキ。
b0169330_22274528.jpg
「静岡牧之原茶の緑 国産純生クリームと粒あんで(800円)」。
b0169330_22275467.jpg
お茶処、静岡牧之原茶を生地に織り交ぜた和の一枚。
b0169330_22275947.jpg
国産純生クリームと粒あんと、
b0169330_2228535.jpg
抹茶ソースをかけていただきます。
b0169330_2229299.jpg
横から見ると、
b0169330_2229344.jpg
改めてそのぶ厚さを感じます。
b0169330_22304811.jpg

b0169330_2311221.jpg
抹茶ソースをかけていただきます。
b0169330_2313423.jpg
「緑」の生地は雪ノ下のパンケーキでは一番柔らかい生地ということで、
b0169330_2314281.jpg
豊かな香りとふわりとした食感、そしてお茶のほろ苦さを味わうことができます。とろけるようなクリームと粒あんと一緒にいただくと、苦味と甘味が絶妙に絡み合いました。
b0169330_2315255.jpg
大勢のお客さんがパンケーキを笑顔でいただいていました。

by kyoto-omoide | 2015-09-03 15:30 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 町屋Cafe巡り -雪ノ下京都...      夏のイノダさん③ >>