MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 10月 24日

鎌倉小町通り -⑫ミルクホール(前編)-

b0169330_2319248.jpg
鎌倉のレトロカフェへ。



b0169330_7484120.jpg
ZELKOVAから路地を戻り、
b0169330_7302388.jpg
道路を超えて左側の路地を入ります。
b0169330_730301.jpg
民家が続く路地の先に見えてくるのが、
b0169330_728227.jpg
「ミルクホール(Milk Hall)」さん。
b0169330_22542472.jpg
b0169330_22545838.jpg
1972(昭和47)年、自宅車庫を改装して開いた彫金アクセサリーとアンティークの店「フルハウス」を前身に、
b0169330_7291715.jpg
オーナーのお父さんが経営していた和洋裁教室のスペースを改装し、
b0169330_730933.jpg
1976(昭和51)年にcafeミルクホールはオープンしました。
b0169330_748552.jpg
古民家カフェ、一軒屋カフェの先駆けとして、
b0169330_74922.jpg
今や鎌倉の老舗の人気カフェになりました。
b0169330_7491542.jpg
クラシックな重厚な外観が目を引く、
b0169330_7534012.jpg
大正時代のようなレトロな喫茶店。
b0169330_7534636.jpg
ミルクホールとは、明治後期から昭和初期にかけて、牛乳やパン、ミカン、清涼飲料などを供した簡易飲食店の事で、
b0169330_7541138.jpg
喫茶店を意味する大正時代の造語だそうです。
b0169330_7535237.jpg
b0169330_7535810.jpg
外観を眺めていると、
b0169330_754435.jpg
テラス席もあり、
b0169330_7484923.jpg
天気のいい日は気持ちよさそうです。
b0169330_7301646.jpg
入口へと戻ります。路地から道路の向こう、奥の煉瓦のビルが「ZELKOBA」さんになります。
b0169330_2315392.jpg
ドアを開けて、
b0169330_231582.jpg
お店に入ります。
b0169330_7532364.jpg
b0169330_7531157.jpg
b0169330_2324467.jpg
店内はいくつかの部屋に分かれていますが、
b0169330_232546.jpg
至るところに大正から昭和の日本で作られた洋風家具や小物でしつらえ、
b0169330_2321277.jpg
文字通りレトロな空間が広がります。
b0169330_2325059.jpg
これは前身のアンティークショップ時代に、
b0169330_2325751.jpg
マスターが集めた大正・昭和時代のアンティーク家具や調度品です。
b0169330_2331557.jpg
白い壁、焦げ茶の木のテーブルと椅子、あたたかな光のライト、
b0169330_2323296.jpg
さりげなく置かれたアンティークの小物や本が調和し、心地よい空間を創り出していました。
b0169330_7525722.jpg
どの席に座ろうか迷いましたが、
b0169330_2323744.jpg
こちらの席に座りました。
b0169330_2321968.jpg
窓から入る柔らかな光が、
b0169330_2322547.jpg
アンティークな店内を明るく照らしていました。
b0169330_233378.jpg
お水をいただいて雰囲気に浸っていると、
b0169330_2332713.jpg
注文していた「ハヤシライス(1300円)」が運ばれてきました。
b0169330_239376.jpg
ミルクホールで30年間、一番人気のメニューです。
b0169330_239127.jpg
お皿の上半分にきれいに盛られたライスと下半分に注がれたルー。
b0169330_239252.jpg
ルーの上にシグネチャーのようにかけられている生クリームも美しく、
b0169330_23333310.jpg
看板メニューとあってお店のこだわりを感じさせます。
b0169330_2313537.jpg
b0169330_23135925.jpg
b0169330_23141110.jpg
懐かしい雰囲気でいただく、
b0169330_23141674.jpg
懐かしい洋食のハヤシライス。
b0169330_2314375.jpg
木の温もりを感じながらいただくと、
b0169330_23142389.jpg
一層美味しく感じそうです。
b0169330_23144333.jpg
流れるJAZZを聴きながら、
b0169330_2316535.jpg
美味しいハヤシライスをいただきました。
b0169330_23165938.jpg
b0169330_23171859.jpg
ランチタイムは+350円で、ドリンクとデザートを付けることができます。
b0169330_23171216.jpg
ドリンクはホットコーヒーをいただきました。
b0169330_23172417.jpg
レトロ感に包まれながら、
b0169330_23173116.jpg
流れるJAZZの音色を聴きながら、
b0169330_23173960.jpg
飲む珈琲のお味は格別で、
b0169330_23174683.jpg
ゆっくりとした時間を過ごすことができそうです。
b0169330_23175329.jpg
心地よい時間を過ごしていると、
b0169330_23184829.jpg
デザートを持ってきていただけました。
b0169330_2318038.jpg
ワインのクラッシュゼリーの上にカシスソルベがのって、さっぱりといただきました。
b0169330_23182633.jpg
各席にはミルクホールのフリーペーパー、伝説の「Milk Hall Times」が置かれ、
b0169330_23184066.jpg
自由に読むことができ、退屈もせず時間を過ごすことができます。
b0169330_23185553.jpg
b0169330_7271025.jpg
小町通りを少し離れた路地裏に佇む鎌倉の名物カフェで、優雅なランチタイムを過ごすことができました。
b0169330_7272017.jpg
さりげなく机に置かれた伝票も、
b0169330_7272793.jpg
なんかしゃれています。
b0169330_7273673.jpg
帰る前に、
b0169330_7523657.jpg
お2階も見せていただきました。
b0169330_7524384.jpg
すっかりゆっくりさせていただいて、
b0169330_75344.jpg
お店を後にします。
b0169330_2314653.jpg
b0169330_22544885.jpg
反対側の路地を進んでいくと、
b0169330_22545229.jpg
狭い路地に消えていき、
b0169330_7494838.jpg
その先に、
b0169330_749223.jpg
アリガトウ^^
b0169330_7492820.jpg
長い間お客さんを見送ってきたことでしょう。

by kyoto-omoide | 2015-10-24 11:30 | 鎌倉(小町通り) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉小町通り -⑫ミルクホール...      鎌倉小町通り -⑪ZELKOV... >>