MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 09月 21日

町屋Cafe巡り -喫茶 La madrague(後編)-

b0169330_0285496.jpg
再び、喫茶 La madragueへ。(2015年9月19日訪問)



b0169330_029888.jpg
訪れたのは、
b0169330_0291694.jpg
夕日が沈む夕刻の頃。
b0169330_0292039.jpg
暮れてゆく中で、
b0169330_0291255.jpg
レトロ感が一層引き立っていました。
b0169330_0292548.jpg
お店に入り、
b0169330_731668.jpg
入口近くのおひとり様席に座ります。
b0169330_044419.jpg
お店の中は変わらぬノスタルジーの世界。
b0169330_0443198.jpg
夕方ということもあって、静かな時間が流れていました。
b0169330_0294426.jpg
この空間でいただいたのが、
b0169330_0293072.jpg
「自家製ケチャップの鉄板ナポリタン(880円)。
b0169330_0435979.jpg
「タマゴサンド」と並ぶ、お店の名物メニューです。
b0169330_0293957.jpg
熱々の鉄板の上に、
b0169330_0442185.jpg
大盛りナポリタン。
b0169330_044263.jpg
色といい、具材といい正統派ナポリタンです。
b0169330_0293483.jpg
鉄板の上には薄卵焼きが敷かれていて、オーナーの奥様の出身地の三重流のナポリタンとなっています。
b0169330_72014.jpg
自家製ケチャップの甘味と酸味が効いた昔懐かしい味わいの細麺スパゲティと、ほどよく焦げ目が付いたふんわり卵が絶品で、
b0169330_0441533.jpg
2人連れのお客さんのほとんどが、コロナのタマゴサンドとナポリタンを頼まれていました。
b0169330_723372.jpg
昭和のノスタルジー溢れる空間で、
b0169330_724965.jpg
懐かしい喫茶店のナポリタンをいただきます。
b0169330_721773.jpg
b0169330_722345.jpg
b0169330_722849.jpg
b0169330_723859.jpg
b0169330_724369.jpg
b0169330_725453.jpg
麺は細めのスパゲティで固めに茹でられ、
b0169330_73040.jpg
懐かしい甘めと絶妙の酸味の自家製ケチャップソースに、鉄板の卵の甘みがお互いの味を引き立てます。細めの麺なのでさらによく味が絡みます。
b0169330_73562.jpg
食べ進めてもなかなか減りませんが、
b0169330_731189.jpg
チーズをかけるとまたまろやかな味になり、最後まで完食することができました^^
b0169330_029470.jpg
伝統ある喫茶店を引き継ぎ、懐かしいタマゴサントとナポリタンの味を伝承する「喫茶 La madrague」さん。ここには古き良き時代の時間と味がありました。

by kyoto-omoide | 2015-09-21 17:30 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #55 -常泉寺の彼...      町屋Cafe巡り -喫茶 La... >>