MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2015年 11月 27日

紅葉の叡山電鉄界隈 -白龍園(前編)-

b0169330_22482834.jpg
叡山電鉄に乗って白龍園へ。(2012年11月24日訪問)



b0169330_22483790.jpg
出町柳から叡山電鉄に乗って、
b0169330_22485511.jpg
二ノ瀬駅にやってきました。
b0169330_22484524.jpg
乗ってきた電車を見送ると、
b0169330_22491690.jpg
山間の駅は静けさに包まれました。
b0169330_224922.jpg
風情ある待合に、紅葉が寄り添います。
b0169330_22492340.jpg
この先は貴船、鞍馬へと続きます。
b0169330_22493693.jpg
駅を出る前に下り線ホームへ。
b0169330_22494532.jpg
木造の待合所が山間の風景に溶け込んでいました。
b0169330_22495645.jpg
紅葉期の夜間は駅のライトアップも行われます。
b0169330_22493079.jpg
駅を出て、
b0169330_23323657.jpg
集落を歩いていきます。
b0169330_23355090.jpg
鞍馬街道沿いに見えてきたのが、
b0169330_23354383.jpg
「白龍園」です。
b0169330_23351545.jpg
この年2012年秋から一般公開が始まった白龍園は、
b0169330_23352148.jpg
京都市内に本社を置く子供服メーカーの青野株式会社が所有する庭園で、
b0169330_2335287.jpg
創業者である青野正一氏によって約50年前に造られました。
b0169330_23353574.jpg
庭園の整備はすべて社員家族の手で行われ、
b0169330_23333554.jpg
鞍馬の山に美しい庭園が誕生しました。
b0169330_23335139.jpg
紅葉へと続く石段を、
b0169330_23335885.jpg
ゆっくりと上がっていきます。
b0169330_2334841.jpg
b0169330_233512.jpg
見事な紅葉を見上げながら、
b0169330_23342627.jpg
石段を上った先に、
b0169330_2333260.jpg
緑の苔に、
b0169330_23331174.jpg
紅葉が広がる庭園が見えてきました。
b0169330_23324321.jpg
振り返ると、入口の庭園を見下ろし、右手の路の奥には、
b0169330_23321239.jpg
紅葉に抱かれたお手洗い。
b0169330_23322993.jpg
用を済ませ、
b0169330_23323645.jpg
元の道に戻り、
b0169330_23343185.jpg
石畳の路を進みます。
b0169330_802622.jpg
足元には、手入れのされた苔に、
b0169330_2332420.jpg
モミジが降り落ちていきます。
b0169330_23345030.jpg
振り返ると、
b0169330_743168.jpg
美しい紅葉の中へと路が続いていました。
b0169330_7432814.jpg
b0169330_7433875.jpg
b0169330_803478.jpg
b0169330_23344563.jpg

b0169330_23331414.jpg
園内にはいくつかのあずまやが点在し、
b0169330_23342976.jpg
進んでいくと一つ目のあずまやが見えてきました。
b0169330_23343686.jpg
b0169330_2334146.jpg
b0169330_2334782.jpg
b0169330_7243340.jpg
b0169330_2334021.jpg
あずまやを見下ろしながらもう一段上がります。
b0169330_801734.jpg
石段にも苔がびっしり。
b0169330_80862.jpg
踏みつけないように上がります。
b0169330_23333751.jpg
上がった先には、
b0169330_23333088.jpg
2つ目のあずまやがあります。
b0169330_2333522.jpg
b0169330_2325389.jpg
こちらで休憩するのは後にして、
b0169330_23232984.jpg
もう少し庭園を散策します。
b0169330_23231828.jpg
紅葉期は大勢の人に賑わう京都ですが、
b0169330_23233987.jpg
こちらは時間を忘れそうなほどの静寂が広がっています。
b0169330_7311770.jpg
それもそのはず、白龍園に入るためには、叡山電鉄の出町柳駅でのみ9時から発売されるチケットを買う必要があり、
b0169330_73136.jpg
しかも1日100枚限定のみ。
b0169330_7312469.jpg
毎日限られた100人しか入ることができないため、混雑とは無縁の世界が広がります。
b0169330_23245342.jpg
赤い毛氈の床机と和傘がいい雰囲気です。
b0169330_7145673.jpg
b0169330_7161315.jpg
b0169330_7162313.jpg
b0169330_7163457.jpg
離れた場所から見ると美しい秋の庭園が広がりました。
b0169330_7242295.jpg
下の庭園から、
b0169330_7233343.jpg
見下ろしながら上がっていきます。
b0169330_7234367.jpg
b0169330_7235495.jpg
b0169330_7302511.jpg
いくつかのあずまやが見えてきて、
b0169330_7301989.jpg
こちらのあずまやからは、
b0169330_7294787.jpg
紅葉した鞍馬の山々を見渡しました。
b0169330_7191177.jpg
b0169330_7301185.jpg
花の設えられた窓越しに、
b0169330_730366.jpg
紅葉が広がりました。
b0169330_7184089.jpg
b0169330_7303274.jpg
鳥居の奥には、
b0169330_7182859.jpg
名前の由来ともなった山の祭神・八大龍王と白髭大神を祀るお社がありました。

by kyoto-omoide | 2015-11-27 12:30 | 京都(紅葉) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 紅葉の叡山電鉄界隈 -白龍園(...      紅葉の叡山電鉄界隈 -ルイ・イ... >>