MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 09月 11日

京都のコーヒー専門店⑦ -月と六ペンス-

b0169330_170482.jpg
本のお供にコーヒーを。



b0169330_1725989.jpg
二条高倉の少し古びたビル。
b0169330_1724098.jpg
こちらの2階に、
b0169330_1725270.jpg
「月と六ペンス」さんはあります。(2009年1月17日訪問)
b0169330_172346.jpg
階段を上がり、
b0169330_16592361.jpg
見えてくるのはマンションの扉。
b0169330_16592982.jpg
ここがお店とはとても思えませんが、思い切って扉を開けると、
b0169330_1722883.jpg
広がるのは落ち着いた照明と静けさが支配する空間が広がっていました。
b0169330_1704753.jpg
テーブルは壁と、
b0169330_16593561.jpg
窓に向かってレイアウトされ、
b0169330_1722228.jpg
詩集や旅行記、エッセイなどの文庫が並んでいます。
b0169330_16594689.jpg
窓に向かった席に座り、
b0169330_16594076.jpg
メニューを眺め、珈琲を注文し、
b0169330_16595357.jpg
ゆっくりしていると、
b0169330_16595860.jpg
珈琲が運ばれてきました。
b0169330_1701019.jpg
美味しい珈琲をいただきながら、
b0169330_170229.jpg
本を読んだり、
b0169330_1701672.jpg
何もせずにボーっとしたり、
b0169330_1702964.jpg
街の喧騒や人間関係から解放されて一人になりたい、
b0169330_1703551.jpg
そんなシーンに最適な場所です。
b0169330_1704219.jpg
訪れる人の大半が一人のため、店内は本当に静かで、
b0169330_1721031.jpg
誰も何も主張し過ぎない空間で、
b0169330_1721649.jpg
思う存分一人の時間を心地よさに包まれて過ごすことができます。(店内ではパソコンの使用も禁止されています。)
b0169330_1724697.jpg
従来のブックカフェとも違う、独特の空間。それがこのビルの薄暗い2階への階段を上がり、ちょっと古めかしい扉を開けた向こうに広がっています。

by kyoto-omoide | 2016-09-11 13:30 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都のコーヒー専門店⑧ -さん...      京都のコーヒー専門店⑥ -カフ... >>