MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 10月 23日

北野天満宮界隈のカフェ -ヱントツコーヒー舎(後編)-

b0169330_17270949.jpg
ヱントツコーヒー。(2016年9月18日訪問)



b0169330_17124446.jpg
薄暗い路地を抜けて扉の向こうには、
b0169330_17125249.jpg
奥に細長い空間が広がっていました。
b0169330_1713393.jpg
木のテーブルにアンティーク調の椅子が置かれ、
b0169330_1719553.jpg
一段上がると、
b0169330_17201369.jpg
カウンター席と、
b0169330_17202179.jpg
天窓から明るい光が入る空間が広がっています。
b0169330_17122841.jpg
入口を見渡す2人掛けのテーブルで席に座りました。
b0169330_17203843.jpg
非日常的な雰囲気に包まれたこの空間は、
b0169330_1725412.jpg
お店を切り盛りするお2人が自ら町家を1年半かけて改装し、
b0169330_17123687.jpg
細かいところまでつくりこまれた内装は、至るところに遊び心ある装飾や仕掛けが散りばめられています。
b0169330_17251353.jpg
ちなみにお店の奥にあるこの扉が、普通であればお手洗いの入口に見えますが、実はびっくりするところにあります。
b0169330_17280949.jpg
「まぼろし小路東入ル ヱントツコーヒー舎」さんは、
b0169330_17274418.jpg
2016年5月にオープンした町屋カフェで、
b0169330_17274471.jpg
その非日常的な空間と、
b0169330_1720461.jpg
本格的な自家焙煎珈琲をいただけることで密かな人気になっています。
b0169330_17255803.jpg
このまほろば新聞がメニューになっています。
b0169330_1712420.jpg
3種類しかないフードも美味しいとのことで、
b0169330_17122064.jpg
ランチにいただくことにしました。
b0169330_1720495.jpg
まずはスープ。
b0169330_17202980.jpg
美味しい冷製パンプキンスープでした。
b0169330_17255728.jpg
そしてしばらくして、
b0169330_17205542.jpg
注文していたオムライス(850円)が運ばれてきました。
b0169330_1721370.jpg
ステンレスの器に、
b0169330_17211270.jpg
どこか懐かしいフォルムのオムライスです。
b0169330_1723857.jpg
スプーンを入れると、ケチャップライスがたっぷり詰まり、
b0169330_17232744.jpg
少し酸味のあるトマトソースも美味でした。
b0169330_17234571.jpg
そして食後には、
b0169330_17233793.jpg
ヱントツブレンドコーヒー(500円)。
b0169330_1724184.jpg
自家焙煎の豆から一杯ずつハンドドリップで淹れていただけます。
b0169330_17241036.jpg
このヱントツブレンドは、マンデリンをベースに4種の豆をブレンド。
b0169330_1724325.jpg
豆をたっぷり、通常の2倍の量を使い淹れられたブレンドは、
b0169330_17255820.jpg
くっきり濃く豊かなコク。
b0169330_17263204.jpg
カップになみなみと注がれますので、
b0169330_17263352.jpg
砂糖やミルクで調節するといい感じです。
b0169330_17263394.jpg
コーヒー豆を買うこともでき、
b0169330_17263396.jpg
お店の屋根裏部屋が焙煎室になっていて、
b0169330_17263389.jpg
焙煎した豆を滑車で降ろす仕掛けになっているそうです。
b0169330_17263299.jpg
独特の世界観と、
b0169330_17274407.jpg
自家焙煎の本格珈琲。
b0169330_17270896.jpg
ここでしか味わうことのできないひと時を過ごすことができました。
b0169330_15104201.jpg
ちなみに、入口のこのドア、
b0169330_15104276.jpg
まぼろし探偵社のドアを開けると・・・
b0169330_15104309.jpg
それは是非まぼろし小路を訪れて確かめてみてください^^
b0169330_15100522.jpg
不思議な路地の奥にある、究極の隠れ家カフェ。また一つ京都の奥深さを感じさせるカフェに出会うことができました。

by kyoto-omoide | 2016-10-23 12:05 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北野天満宮界隈のカフェ -Po...      北野天満宮界隈のカフェ -ヱン... >>