MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2016年 12月 10日

紅葉の建仁寺 -建仁寺・本坊(前編)-

b0169330_7535640.jpg
建仁寺・潮音庭。(2013年11月29日訪問)



b0169330_7534218.jpg
建仁寺本坊へ。
b0169330_22454113.jpg
拝観は10時開始ですが、待っていると少し早く入れていただけました。
b0169330_22453169.jpg
本坊から方丈へ進むと見えてくるのが「〇△口乃庭」。
b0169330_7534885.jpg
庭園を見ながら、
b0169330_22451122.jpg
方丈へ。(※現在は襖絵で仕切られています。)
b0169330_7541849.jpg
b0169330_759439.jpg
暗いお堂の向こうに、
b0169330_754138.jpg
紅葉の庭園が広がっていました。
b0169330_8154545.jpg
b0169330_7595395.jpg
暗さに目が慣れてくると、
b0169330_80311.jpg
紅葉の赤が際立ってきました。
b0169330_805111.jpg
b0169330_811832.jpg
b0169330_8155146.jpg
縁側に出て、
b0169330_81675.jpg
潮音庭を間近に眺めます。
b0169330_816243.jpg
中央に「三尊石」、その東に「座禅石」、周りに紅葉を配置した禅庭で、
b0169330_8161291.jpg
南北の建物と東西の廊下のどの位置から見ても正面と捉えることができる「四面正面」のお庭となっています。
b0169330_8161790.jpg
この狭い空間に、
b0169330_8162336.jpg
真っ赤な紅葉が緑の苔庭を覆います。
b0169330_2232591.jpg
庭師、北山安夫氏の代表作の一つとされる庭園です。
b0169330_8164142.jpg
近くから眺めるのも美しいですが、
b0169330_8163321.jpg
広々とした方丈の奥から眺めるのがお勧めです。
b0169330_22322427.jpg
b0169330_22441533.jpg
b0169330_22442732.jpg
しばし、
b0169330_2244571.jpg
奥からゆっくり眺め、
b0169330_23434265.jpg
再び、縁側へと近づいていきます。
b0169330_23434790.jpg
秋の日差しに輝く紅葉が、
b0169330_2335999.jpg
潮音庭を包んでいました。
b0169330_23441250.jpg
b0169330_23441748.jpg
b0169330_233516100.jpg
向かいの大書院に目をやると、
b0169330_23352122.jpg
紅葉を映しこんでいました。
b0169330_23433686.jpg
b0169330_2344684.jpg
今度は、
b0169330_2344069.jpg
西の廊下を、
b0169330_23442235.jpg
広がる紅葉と、
b0169330_23345740.jpg
三尊石を眺めながら、
b0169330_2335342.jpg
進んでいきます。
b0169330_2343527.jpg
b0169330_23343262.jpg
庭園を横から見て大書院へ向かいます。

by kyoto-omoide | 2016-12-10 09:25 | 京都(紅葉) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 紅葉の建仁寺 -建仁寺(後編)-      3歳になりました。 >>