MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 02月 06日

冬の八坂の塔

b0169330_13482543.jpg
八坂の塔。(2013年1月20日訪問)



b0169330_22134113.jpg
台所坂に戻り、
b0169330_2214238.jpg
坂を上がっていくと、
b0169330_2214191.jpg
高台寺が見えてきます。
b0169330_22142866.jpg
振り返ると、
b0169330_22295088.jpg
ねねの道へと続く台所坂を見下ろしました。
b0169330_2230081.jpg
霊山観音が見つめる先には、
b0169330_2230103.jpg
京の街が広がります。
b0169330_22302035.jpg
八坂の塔、
b0169330_22515953.jpg
そして京都タワー。
b0169330_2252915.jpg
新旧の塔が、
b0169330_22522971.jpg
夜明けを迎えた街にそびえていました。
b0169330_22525336.jpg
高台寺から二年坂へ。
b0169330_2253585.jpg
ここも石畳が続く京都らしい空間で、
b0169330_22531435.jpg
昼間は大勢の人が行き交います。
b0169330_22532396.jpg
b0169330_23171468.jpg
b0169330_23173583.jpg
b0169330_23174220.jpg
b0169330_23175136.jpg
坂を上がったところから振り返ると、
b0169330_2318094.jpg
通ってきた二年坂を見渡しました。
b0169330_2318975.jpg
b0169330_23181956.jpg
b0169330_2327083.jpg
b0169330_8414478.jpg
八坂通りを下っていくと、
b0169330_13395715.jpg
古い家並みと、
b0169330_8422328.jpg
石畳の路の先に、
b0169330_841586.jpg
八坂の塔が続く、
b0169330_8425713.jpg
京都を代表する風景が広がります。
b0169330_84248.jpg
ここも超人気スポットですが、
b0169330_842115.jpg
早朝は静かな時間が流れていました。
b0169330_1335594.jpg
b0169330_13401324.jpg
b0169330_1348829.jpg
b0169330_1348161.jpg
b0169330_13485661.jpg
昼間には味わうことのできない、
b0169330_1350573.jpg
静かな風景を、
b0169330_13501485.jpg
限られた人だけが堪能していました。
b0169330_8413711.jpg
八坂の塔を見ながら、
b0169330_8425137.jpg
石畳の坂道を下っていきます。
b0169330_13402285.jpg
b0169330_13402993.jpg
下りきると、
b0169330_843920.jpg
見えてくるのが、
b0169330_13404536.jpg
文の助茶屋。
b0169330_13405625.jpg
明治四十三年に創業した茶店が始まりの甘味処です。
b0169330_13502178.jpg
b0169330_9633.jpg
そして八坂の塔の真下を通り、
b0169330_968100.jpg
八坂通の奥に見るようになります。
b0169330_961458.jpg
b0169330_991457.jpg
八坂の塔の真下から、
b0169330_962167.jpg
八坂通りがまっすぐ延びています。
b0169330_963925.jpg
b0169330_984572.jpg
b0169330_985232.jpg
b0169330_99744.jpg
b0169330_13343143.jpg
b0169330_13344010.jpg
八坂の塔のそばには、
b0169330_13344715.jpg
八坂庚申堂。
b0169330_13345477.jpg
正式には大黒山金剛寺と言いますが、八坂庚申堂と呼ばれ、
b0169330_1350297.jpg
大阪の四天王寺庚申堂、東京の入谷庚申堂(現在は廃寺)とともに日本三庚申のひとつといわれています。
b0169330_13503875.jpg
八坂庚申堂で目につくのが、境内のいたるところに奉納されているカラフルな色の布地でできた「くくり猿」。
b0169330_13504715.jpg
この手足をくくられて動けない猿の姿は、欲望を持つ人間の姿を猿に喩えたものとされています。
b0169330_13505695.jpg
自分自身の欲望のこころをくくりつけ、庚申さん(青面金剛)に奉納するのが、この「くくり猿」で、
b0169330_135159.jpg
願い事を託して欲を一つ我慢することが、願いを叶える秘訣だそうです。
b0169330_13544581.jpg
「見ざる、言わざる、聞かざる」といわれる三猿も、この庚申信仰ととともに日本に伝わってきたといわれています。
b0169330_13545416.jpg
くくり猿は、
b0169330_1355183.jpg
八坂の塔周辺でも、
b0169330_14161735.jpg
お店や家屋の前に吊るされ、
b0169330_14162582.jpg
信仰が根付いていることがわかります。
b0169330_1416286.jpg
早朝から歩いてきた東山にも、
b0169330_1417136.jpg
朝の訪れとともに普段の賑わいを取り戻し、静かなひと時の名残を惜しむように後にしました。

by kyoto-omoide | 2017-02-06 07:50 | 京都(冬) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 1,2月のイノダさん      冬のねねの道 >>