MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 04月 02日

大津の桜 -三井寺(前編)-

b0169330_1542591.jpg
桜の三井寺へ。(2015年4月4日訪問)



b0169330_1541332.jpg
京阪石山坂本線三井寺駅を降りると、
b0169330_15413964.jpg
琵琶湖疎水が見えてきます。
b0169330_15414452.jpg
歩道を進み、
b0169330_15415022.jpg
疎水に架かる橋の上に立つと、
b0169330_1541557.jpg
疎水を彩る桜が見えてきます。
b0169330_1542026.jpg
三井寺駅のすぐ北側を流れるこの琵琶湖疏水は、
b0169330_15421211.jpg
京都への飲料水の供給と灌漑、水運、発電を目的として、
b0169330_15421992.jpg
明治18年(1885年)に着工、約5年の歳月をかけて明治23年(1890年)4月に完成しました。
b0169330_15595824.jpg
琵琶湖から取り入れられた水は、工事中もっとも困難を極めた長等山トンネルを通って京都市山科区で地上にあらわれ、
b0169330_160325.jpg
再びいくつかのトンネルを抜け、京都市左京区の蹴上、そして鴨川、宇治川へと流れていきます。
b0169330_160980.jpg
今は大津屈指の桜の名所になっておりライトアップも行われます。
b0169330_1601499.jpg
b0169330_1602099.jpg
b0169330_1602746.jpg
b0169330_1604124.jpg
疎水のトンネルを見て、
b0169330_17271410.jpg
緑の中を進んでいくと、
b0169330_17272062.jpg
三井寺が見えてきます。
b0169330_17272693.jpg
大門(仁王門)が桜で彩られていました。
b0169330_17273276.jpg
三井寺は、正式には「長等山園城寺」といい、天台寺門宗の総本山にあたります。
b0169330_17273882.jpg
平安時代、第五代天台座主・智証大師円珍和尚の卓越した個性によって天台別院として中興され、
b0169330_17274719.jpg
以来一千百余年にわたってその教法を今日に伝えてきました。
b0169330_17275338.jpg
室町時代建造の大門(仁王門)(重要文化財)をくぐり、
b0169330_17275868.jpg
金堂への参道を進みます。
b0169330_17391853.jpg
右手には釈迦堂(食堂)(重要文化財)が桜に彩られていました。
b0169330_17393064.jpg
階段へと進み、
b0169330_23243439.jpg
桜を見上げながら、
b0169330_23482918.jpg
上がっていきます。
b0169330_2337372.jpg
上がった先に広がるのが、
b0169330_17502569.jpg
金堂です。
b0169330_2348615.jpg
桃山時代に建造された金堂は国宝に指定され、
b0169330_23481262.jpg
ご本尊の弥勒菩薩が安置されています。
b0169330_17394241.jpg
現在の金堂は慶長4年(1599年)の再建で、
b0169330_17394841.jpg
入母屋造、檜皮葺きの和様仏堂になっています。
b0169330_17395426.jpg
移築された旧金堂は比叡山延暦寺に現存します。
b0169330_22103183.jpg
金堂の周りも、
b0169330_22103729.jpg
桜に包まれ、
b0169330_22104264.jpg
早朝の静寂の中で、
b0169330_22175332.jpg
鮮やかに咲き誇っていました。
b0169330_23362752.jpg
b0169330_2336453.jpg
b0169330_17503092.jpg
b0169330_2210191.jpg
b0169330_22102411.jpg
本堂から、
b0169330_2218147.jpg
まっすぐ伸びる参道は、
b0169330_22181394.jpg
桜のトンネルが続き、
b0169330_1750672.jpg
その中を、
b0169330_17501120.jpg
ゆっくりと歩いていきます。
b0169330_2210818.jpg
小さな石橋のそばには、
b0169330_17502032.jpg
鮮やかな紅枝垂れ桜。
b0169330_2146363.jpg
さらに進むと、
b0169330_2325688.jpg
紅枝垂れと、
b0169330_2147573.jpg
ソメイヨシノの桜の大木が、
b0169330_2146478.jpg
石垣を包むように咲き誇っていました。
b0169330_2147172.jpg
b0169330_23253065.jpg
b0169330_22182639.jpg
b0169330_17501589.jpg
少し戻り、
b0169330_23361366.jpg
左手の参道に入ります。

by kyoto-omoide | 2017-04-02 06:20 | 滋賀 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 大津の桜 -三井寺(中編)-      桜シーズンの開幕 >>