MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 18日

祇園のカフェ -けずりひや 京都祇園-

b0169330_054553.jpg
KEZURIHIYA 京都祇園。



b0169330_2305448.jpg
八坂神社の西楼門の近くにある「アパホテル京都祇園エクセレント」。
b0169330_23572764.jpg
その地下1階にあるのが、
b0169330_2357221.jpg
「けずりひや 京都祇園」。(2017年8月17日訪問)
b0169330_23571396.jpg
これだけでは何のお店かわかりませんが、最近、この「祇園あいす」で大人気のお店になっています。
b0169330_2304353.jpg
お店の中はバーのような雰囲気ですが、
b0169330_2304781.jpg
まさにそのとおりで、夜は「Bar祇園」で店時間帯に営業しているお店になります。
b0169330_05381.jpg
2015年9月にオープンしたけずりひやは京都・祇園で生まれた「祇園あいす」のお店です。
b0169330_051361.jpg
「祇園あいす」とは、
b0169330_0519100.jpg
新雪のようにさらさらな食感の氷をベースに、
b0169330_0524100.jpg
厳選された京都のお抹茶やほうじ茶で食べる新感覚の京都氷菓です。
b0169330_053246.jpg
そして美しく描かれたラテアートのような絵。
b0169330_055616.jpg
いろりろパターンがあるようですが、
b0169330_06064.jpg
この時はもみじの葉。
b0169330_055079.jpg
お店のメニューはこの「祇園あいす(1000円)」のみで、
b0169330_06791.jpg
「抹茶」「ほうじ茶」「紅茶」の3種のフレーバーがあります。
b0169330_00001128.jpg
この時は「抹茶」でいただきましたので、
b0169330_00001055.jpg
新緑のような鮮やかな青もみじのアートになっていました。
b0169330_22595022.jpg
ドリンクと、
b0169330_00003917.jpg
お茶受けの甘納豆がセットになっていて、
b0169330_00003924.jpg
京都紅茶をお願いしました。
b0169330_00001204.jpg
器にもこだわり、
b0169330_00001171.jpg
京都で誕生したブランド「SIONE(しおね)」のもので、
b0169330_2259565.jpg
真っ白な陶器に繊細な柄がゴールドのラインで手描きされています。
b0169330_230194.jpg
鮮やかに青もみじが浮かび上がった祇園あいす・抹茶。
b0169330_00001189.jpg
練乳や牛乳などを混ぜた液を特別な製氷機に入れ、まるで雪が降るようにさらさらとした美しい氷の粒を作り出します。お店ではこの白い氷のことを「雪」と呼んでいるそうで、この「雪」とフレーバーを器のなかで幾重にも重ね、最後に絵を表面に描いて出来上がった「祇園あいす」。
b0169330_2303370.jpg
ここにスプーンを入れるのはためらわれましたが、さっそくいただきます。
b0169330_2303958.jpg
雪のようにさらさらの氷、口に入れると「雪」と「抹茶」が同時にふわりと溶けてなくなり、冷たい抹茶をいただいたような不思議な感覚です。お茶は京都・伏見の老舗「椿堂茶舗」のもので、香り高く品の良い味わいです。
b0169330_2302383.jpg
お店の名は、清少納言の『枕草子』にも登場する「削り氷(今でいうかき氷のこと)」に由来しているそうです。
b0169330_00001449.jpg
SNS映えするビジュアルと、
b0169330_00001355.jpg
ここでしか食べることのできない京都フレーバーのかき氷で大人気のけずりひやさん。
b0169330_00001346.jpg
この日も地下への階段を1階まで行列ができていました。

by kyoto-omoide | 2017-10-18 15:00 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 祇園のカフェ -ティーベニール...      祇園のカフェ -吉祥菓寮 祇園... >>