MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 10月 14日

祇園のカフェ -金の百合亭-

b0169330_00165996.jpg
八坂神社を眺めながらパフェを。



b0169330_2317084.jpg
八坂神社石段下西楼門の斜向かい、いつもにぎやかな祇園商店街に、
b0169330_23164134.jpg
最近、人気となっているカフェがあります。
b0169330_2316476.jpg
この階段の2階にある、
b0169330_23163397.jpg
「金の百合亭」(2017年9月16日訪問)
b0169330_23162796.jpg
階段を上がると、
b0169330_23161553.jpg
入口が見えてきます。
b0169330_23162083.jpg
金の百合亭はお店から見える風景と手作りパスタやスィーツをいただけることで人気の高いお店になっています。
b0169330_17365439.jpg
お店に入ると、人気の席は既に埋まっていました。
b0169330_23132467.jpg
それがこちらのカウンター席。
b0169330_23131698.jpg
窓の外に、
b0169330_23131079.jpg
八坂神社の西楼門が広がります。
b0169330_17364054.jpg
この位置から祇園交差点と、
b0169330_22564010.jpg
西楼門を見下ろす風景も、
b0169330_22591650.jpg
新鮮に感じます。
b0169330_1737185.jpg
このカウンター席が人気で、
b0169330_1737823.jpg
西楼門を見ながらこだわりのスィーツをいただきます。
b0169330_2256253.jpg
お店の名前は、ロッシーニのオペラに登場する宿の名で、世界中の人が集い、楽しい時間が過ごせるようにとの思いが込められています。
b0169330_00165715.jpg
店内には、BGMのクラシック音楽が本格的なオーディオセットから流れてきます。
b0169330_22561828.jpg
西楼門前を行き交う車と、
b0169330_22562359.jpg
目の前の緑を感じていると、
b0169330_00165835.jpg
注文していたパフェが運ばれてきました。
b0169330_00165848.jpg
「オリジナル抹茶パフェ(980円)」
b0169330_00170086.jpg
季節ごとに変わるこのパフェが最近大人気になっています。
b0169330_22593027.jpg
9月のタイトルは「月うさぎ」。
b0169330_22594935.jpg
秋のパフェとして月うさぎと秋の花々、果物があしらわれています。
b0169330_231853.jpg
グラスの下から、抹茶ゼリー、小倉あん、抹茶プリン、バニラアイス、ぶどう(巨峰)、抹茶シフォンケーキ、生クリーム、抹茶アイス、練切りの桔梗と撫子、こしあん付の白玉団子、栗の甘露煮、梨、モンブランクリームを挟み込んだマカロン(すすきの焼印)と淡雪羹のうさぎ
b0169330_2311673.jpg
祇園に構えたお店で何か和心のあるものをという思いで作られたこのオリジナル抹茶パフェは、1年の季節感を素材と色で表しています。
b0169330_2312289.jpg
「紫陽花」、「夏涼み」、「薫風」、「桜雲」、「寒梅」、「彩秋」というシリーズは開発に1年かけ、今から2年前に完成したそうです。手作りのため1日に作れる数量は限定になっています。
b0169330_23124455.jpg
初秋のこの「月うさぎ」も秋の訪れを感じさせてくれます。
b0169330_2312519.jpg
八坂神社を見渡す隠れ家カフェで、
b0169330_23125796.jpg
季節の移ろいを目と舌で感じさせていただきました。
b0169330_00170050.jpg
窓の外は大勢の人と車が行き交う祇園の中心地ですが、二重サッシの窓のおかげで喧騒とは無縁、
b0169330_2313589.jpg
店内を流れるクラシックが祇園の真ん中とは思えない安らぎの空間を創り出していました。
b0169330_00170039.jpg
パフェの人気でいつも混んでいますが、ほかのメニューもいただきにまた訪れたいです。

by kyoto-omoide | 2017-10-14 11:00 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 祇園のカフェ -吉祥菓寮 祇園...      祇園のカフェ -京 カフェコムサ- >>