MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 20日

紅葉の醍醐 -毘沙門堂(晩翠園)-

b0169330_8383347.jpg
紅葉の晩翠園へ。(2010年11月14日訪問)



b0169330_232065.jpg
仁王門への石段を、
b0169330_23194749.jpg
ゆっくり上がっていくと、
b0169330_23194243.jpg
仁王門に架かる、
b0169330_23163082.jpg
大きな提灯が見えてきます。
b0169330_23493725.jpg
本堂を回り込むと、
b0169330_23421050.jpg
高台弁財天を彩る、
b0169330_23421839.jpg
紅葉が見えてきます。
b0169330_23423568.jpg
回廊を進むと、
b0169330_23422763.jpg
鮮やかな紅葉が近づいてきます。
b0169330_905171.jpg
b0169330_905871.jpg
b0169330_2343107.jpg
お堂の周りには池が広がり、
b0169330_2349329.jpg
その周りを、ドウダンツツジの紅葉が包みます。
b0169330_853261.jpg
特にこのドウダンツツジの紅葉が鮮やかで、
b0169330_8533167.jpg
真っ赤に燃えるように、
b0169330_8534378.jpg
染まっていました。
b0169330_9149.jpg
b0169330_91116.jpg
b0169330_8534993.jpg
b0169330_8535511.jpg
b0169330_854128.jpg
b0169330_854748.jpg
b0169330_961838.jpg
b0169330_962994.jpg
b0169330_23424175.jpg
本堂を回り込んでいきます。
b0169330_23425674.jpg
b0169330_911720.jpg
b0169330_2343319.jpg
b0169330_8541294.jpg
b0169330_23494532.jpg
もう一度、
b0169330_963539.jpg
高台弁財天を見て、
b0169330_7232389.jpg
宸殿に奥の部屋に入ります。
b0169330_7231778.jpg
障子戸の窓を開けると、
b0169330_023597.jpg
広がるのは、
b0169330_022985.jpg
「晩翠園」。
b0169330_23495299.jpg
戸を開けて、
b0169330_7224010.jpg
縁側に出てみます。
b0169330_024153.jpg
晩翠園は、
b0169330_8382272.jpg
2つの中島を持つ池が中央に大きく広がり、
b0169330_024899.jpg
池の周囲にはモミジやサルスベリなどの高木、
b0169330_7223359.jpg
ドウダンツツジやサツキツツジなどの低木が植えられ、
b0169330_8385612.jpg
紅葉期には一斉に色づく風景が広がります。
b0169330_8463461.jpg
b0169330_8464093.jpg
b0169330_8465664.jpg
b0169330_84721.jpg
b0169330_847876.jpg
b0169330_8384558.jpg
京都市内から少し離れていますので、
b0169330_8385073.jpg
比較的静かに紅葉を眺めることができ、
b0169330_839914.jpg
静けさの中に、
b0169330_8461863.jpg
水の落ちる音だけが響きます。
b0169330_8462432.jpg
b0169330_8392276.jpg
b0169330_8465090.jpg
静かに、
b0169330_916038.jpg
紅葉を愛で、
b0169330_9155595.jpg
晩翠園と別れ、
b0169330_916745.jpg
毘沙門堂を後にしました。

by kyoto-omoide | 2017-11-20 13:00 | 京都(紅葉) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 紅葉の醍醐 -毘沙門堂・ライト...      紅葉の醍醐 -毘沙門堂(参道)- >>