MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2017年 11月 24日

紅葉の醍醐 -勧修寺-

b0169330_15534744.jpg
勧修寺へ。(2008年11月24日、2012年11月25日訪問)




b0169330_8352188.jpg
山門をくぐると、
b0169330_8352784.jpg
まず宸殿が見えてきて、
b0169330_8353259.jpg
紅葉に彩られていました。
b0169330_8423078.jpg
氷室の池に向かうと、観音堂も紅葉に包まれ、
b0169330_8424411.jpg
庭園は鮮やかなモミジに包まれていました。
b0169330_8424838.jpg
b0169330_8425350.jpg
b0169330_8425816.jpg
b0169330_84325.jpg
b0169330_843777.jpg
b0169330_8431439.jpg
b0169330_8432726.jpg
b0169330_8433884.jpg
b0169330_8434426.jpg
b0169330_1584226.jpg
b0169330_1585198.jpg
b0169330_15283813.jpg
b0169330_15284451.jpg
b0169330_15284969.jpg
b0169330_15415629.jpg
b0169330_1542135.jpg
b0169330_15421172.jpg
b0169330_15421697.jpg
b0169330_1553413.jpg
b0169330_15539100.jpg
b0169330_15531526.jpg
b0169330_15532121.jpg
b0169330_15532646.jpg
b0169330_1585665.jpg
この真っ赤な紅葉を映す、
b0169330_8432396.jpg
本堂にお参りし、
b0169330_15283222.jpg
観音堂に向かいます。
b0169330_159224.jpg
その途中、書院前には、
b0169330_159717.jpg
青空を背景に十月桜が咲いていました。
b0169330_1591442.jpg
氷室の池のそばには、
b0169330_15281712.jpg
観音堂が立ち、
b0169330_1592157.jpg
優美な姿が風景に溶け込んでいます。
b0169330_1553406.jpg
b0169330_15535340.jpg
b0169330_1553598.jpg
b0169330_1554457.jpg
開放的な中にも、
b0169330_1554965.jpg
どこか優雅な風情に包まれた勧修寺。
b0169330_15541572.jpg
紅葉期でもゆっくりと鮮やかなモミジを愛でることができます。
b0169330_17115732.jpg
勧修寺では数年前に、
b0169330_1712876.jpg
紅葉ライトアップが行われました。(※現在は行なわれていません。)
b0169330_17121481.jpg
訪れたのは2008年でしたが、
b0169330_17122249.jpg
門前に清水焼の陶灯路が並べられ、
b0169330_17115193.jpg
灯りの路が、
b0169330_17114511.jpg
山門へと続いていました。
b0169330_1711411.jpg
宸殿を通り、
b0169330_1765841.jpg
紅葉の庭園に進むと、
b0169330_177959.jpg
光に緑に輝く苔の上に、
b0169330_17722100.jpg
散紅葉が、
b0169330_1772623.jpg
はらはらと風に降り積もっていました。
b0169330_1773181.jpg
本堂のご本尊 千手観音像に手を合わせ、
b0169330_1765234.jpg
書院へ向かうと、
b0169330_1793142.jpg
内部が特別に公開され、
b0169330_1792668.jpg
土佐光起、光成父子の作で、
b0169330_1794370.jpg
日本最大級の「近江八景図」や華やかな「竜田川紅葉図」などの襖絵や、
b0169330_1795342.jpg
勧修寺棚と呼ばれる違棚を見ることができました。
b0169330_1795849.jpg
b0169330_1710290.jpg
最後は観音堂へ。
b0169330_1791581.jpg
静けさと、
b0169330_1792023.jpg
厳かさに包まれた勧修寺の紅葉ライトアップ。
b0169330_1712320.jpg
今では味わうことのできない貴重な時間となりました。

by kyoto-omoide | 2017-11-24 11:40 | 京都(紅葉) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 紅葉の醍醐 -醍醐寺(伽藍・前...      紅葉の醍醐 -随心院- >>