MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 01月 30日

ある冬の日の午後(後編)-仁和寺と御室派のみほとけ ―天平と真言密教の名宝―-

b0169330_0114818.jpg
仁和寺・観音堂。



b0169330_21532217.jpg
今回の特別展「仁和寺と御室派のみほとけ ― 天平と真言密教の名宝 ―」で、普段は非公開の仁和寺の「観音堂」内部が、壁画を高精細に撮影した複製展示と仏像33体の安置で荘厳に再現され、撮影可能スポットになりました。
b0169330_2219586.jpg
こちらが仁和寺の観音堂で、入母屋造、本瓦葺で前後に向拝が付き、たち(軒までの高さ)の高い建物です。本尊は千手観音菩薩で、脇侍として不動明王・降三世明王、その周りには二十八部衆が安置され、須弥壇の背後や壁面、柱などには、白衣観音をはじめ仏・高僧などが極彩色で描かれています。
b0169330_1834331.jpg
今回、その観音堂の内部が、
b0169330_18342857.jpg
会場に忠実に再現され、
b0169330_18305776.jpg
本尊の千手観音菩薩、
b0169330_18304856.jpg
脇侍の不動明王・降三世明王、
b0169330_2153308.jpg
その周りに二十八部衆が並ぶ、
b0169330_1831756.jpg
荘厳な空間が広がっていました。
b0169330_1833520.jpg
千手観音とその従者である二十八部衆に、
b0169330_23431881.jpg
風神・雷神を加えて三十尊とする構成は、
b0169330_23432427.jpg
三十三間堂にならっているそうです。
b0169330_012144.jpg
また千手観音に不動明王と降三世明王が脇侍となる三尊構成も珍しいものです。
b0169330_2391983.jpg
須弥壇の背後や、
b0169330_1833083.jpg
壁面、
b0169330_239127.jpg
柱などには、
b0169330_2385918.jpg
白衣観音をはじめ、
b0169330_239520.jpg
仏・高僧などが極彩色で描かれていて、
b0169330_18324586.jpg
これは堂内の壁画を、
b0169330_18323738.jpg
高精細に撮影し、
b0169330_18312634.jpg
その画像により再現された極楽浄土の空間が広がっていました。
b0169330_18311647.jpg
b0169330_23331788.jpg
b0169330_2384038.jpg
現在、観音堂は半解体修復工事中で、
b0169330_1834948.jpg
今回の特別展がその改修工事を記念して開催されることにより、
b0169330_18342182.jpg
実現したプレミアムな空間。
b0169330_23325173.jpg
実際に安置されている仏像33体に、高精細画像で再現された壁画により、
b0169330_2333430.jpg
仁和寺の僧侶により守り伝えられてきた観音堂の姿がここにありました。
b0169330_2153178.jpg
観音堂は、仁和寺の僧侶の修行道場として使用されることから、
b0169330_23425932.jpg
通常は非公開で目に触れることのできない空間を体感することができました。
b0169330_2392615.jpg
今回の特別展では、仁和寺創建当時の本尊・国宝「阿弥陀如来坐像および両脇侍立像」、秘仏・国宝「薬師如来坐像」など仁和寺が誇る仏像に加え、全国の御室派寺院の中から、秘仏やなかなか見ることのできない仏像まで約70体が展示され、
b0169330_013713.jpg
道明寺の国宝「十一面観音菩薩立像」、中山寺の重要文化財「馬頭観音菩薩坐像」、神呪寺の重要文化財「如意輪観音菩薩坐像」、雲辺寺の重要文化財「千手観音菩薩坐像」などの秘仏、さらに明通寺などの仏像ファンの多い名宝を見ることができました。
b0169330_23431224.jpg
そして会期後期の2月14日からは、今回の目玉ともいうべき葛井寺の国宝「千手観音菩薩坐像」が、江戸時代の出開帳以来、初めて東京で公開されます。天平彫刻の最高傑作のひとつとされる、千の手、千の眼、十一のお顔を持つ現存最古の千手観音像で、大手・小手あわせて1041本をもち、合掌した手を中心に千の手が広がります。千本以上の手を持つ千手観音像は、本像しか確認されていないということで今回必見の千手観音像を拝見しに再訪したいと思います。
b0169330_07512705.jpg
特別展の見学を終えて東京駅に移動し、イノダコーヒ東京大丸店へ。
b0169330_07512841.jpg
休憩してから帰宅することにしました。
b0169330_07512888.jpg
注文したのが、
b0169330_749632.jpg
東京大丸店1月限定の「贅沢苺のプリンパフェ」。
b0169330_07512741.jpg
さっぱりとしたキルシュのゼリー、
b0169330_7491170.jpg
4種類のフルーツの上に、
b0169330_07512773.jpg
イノダコーヒオリジナルのプリンを盛り付け、贅沢にフレッシュいちごといちごシャーベットをトッピングした彩り鮮やかなパフェをいただき、
b0169330_07512707.jpg
京都を感じられた冬の午後の時間の締めとしました。

by kyoto-omoide | 2018-01-30 14:00 | 京都(IN東京) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 相国寺 -方丈、法堂-      ある冬の日の午後(前編) -林... >>