MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 02月 24日

鎌倉散歩 #62 -早春の北鎌倉 東慶寺-

b0169330_7194629.jpg
梅の東慶寺へ。



b0169330_7274577.jpg
円覚寺から東慶寺にやってきました。(2013年2月11日、2015年2月19日訪問)
b0169330_21524887.jpg
階段を上がり、
b0169330_21525542.jpg
山門をくぐると、
b0169330_2153371.jpg
一直線に参道が延びています。
b0169330_002342.jpg
参道の両側には、梅の木が並びますが、
b0169330_003669.jpg
まだわずかに紅梅が花をつけ始めたところでした。
b0169330_004613.jpg
b0169330_23131966.jpg
b0169330_2313573.jpg
b0169330_714456.jpg
右手の黒い板張りの塀に、
b0169330_727675.jpg
黄色のマンサクの花が映えていました。
b0169330_727138.jpg
b0169330_23124650.jpg
b0169330_23125234.jpg
b0169330_7272165.jpg
その足元には、
b0169330_727286.jpg
フクジュソウの花も顔を覗かせていました。
b0169330_23213035.jpg
本堂への門をくぐり、
b0169330_23213821.jpg
本堂へ。
b0169330_010597.jpg
b0169330_23215276.jpg
本尊の釈迦如来座像にお参りし、
b0169330_2322011.jpg
本堂を出ます。
b0169330_7142586.jpg
足元には赤い千両が、
b0169330_715732.jpg
色を添えていました。
b0169330_23123279.jpg
左手には通ってきた参道を見渡し、
b0169330_21532846.jpg
右手には金仏さま。
b0169330_23212283.jpg
その上を、
b0169330_7143815.jpg
白梅が青空に映えていました。
b0169330_7145299.jpg
境内は梅が馥郁と咲き、
b0169330_7145922.jpg
早春の風情に包まれていました。
b0169330_7265837.jpg
b0169330_7273740.jpg
b0169330_0101473.jpg
b0169330_21531867.jpg
右手に宝物館「松ヶ岡宝蔵」へ。
b0169330_17055487.jpg
松ヶ岡宝蔵は東慶寺に伝わる寺宝を展示する宝物館で、
b0169330_17055454.jpg
訪れたこの時は「東慶寺仏像展」が開催され、
b0169330_17055446.jpg
「水月観音菩薩半跏像」や、かつて国宝に指定され、鎌倉尼五山第一位のご本尊であった「聖観音菩薩立像」など、
b0169330_17055415.jpg
東慶寺の仏像を一堂に観ることができました。
b0169330_021208.jpg
続いて、
b0169330_0213414.jpg
茶室「白蓮舎」へ。
b0169330_0214148.jpg
大きな手水鉢には、
b0169330_0214842.jpg
緑の水をたたえていました。
b0169330_0215452.jpg
白蓮舎は、
b0169330_02219.jpg
立礼茶室になっていて、
b0169330_0223126.jpg
お茶事や写経会、挿し花などさまざまな催し物に使われています。
b0169330_022944.jpg
2~3月の梅の季節、6月の菖蒲や紫陽花の季節には、
b0169330_0221616.jpg
庭園を眺めながらのお茶席が開かれ、お抹茶と上生菓子がいただけます。
b0169330_0222213.jpg
広がる庭園の中で、
b0169330_7192032.jpg
まずは上生菓子が運ばれてきました。
b0169330_7192758.jpg
北鎌倉の老舗和菓子店「こまき」さんの上生菓子をいただけます。
b0169330_022485.jpg
お茶席前に咲く梅の花をイメージした生菓子が、
b0169330_7193738.jpg
美しい花を咲かせていました。
b0169330_715418.jpg
b0169330_7151363.jpg
しばらくして、
b0169330_7152030.jpg
お抹茶も運ばれてきました。
b0169330_7315839.jpg
広がる風景を感じながら、
b0169330_732653.jpg
至福のひと時を過ごします。
b0169330_7315172.jpg
b0169330_17055324.jpg
b0169330_17055389.jpg

b0169330_7322938.jpg
b0169330_7323663.jpg
b0169330_7324437.jpg
b0169330_7325076.jpg
目と口で早春の梅の花を感じることができました。
b0169330_22193085.jpg
東慶寺のある北鎌倉の鎌倉街道沿いのお店は、
b0169330_22193589.jpg
2月になると、「つるし飾り」で彩られます。
b0169330_221942100.jpg
「つるし飾り」は、着物の布を解いて作った細工物を紐で繋げて輪に吊るして飾りにしたもので、その起こりは江戸時代とされています。
b0169330_22194823.jpg
細工物の一つ一つに長寿や健康などを願い、女の子が生まれたお祝いとして届けられ桃の節句に飾ったと云われています。
b0169330_22195569.jpg
梅の花と飾りに包まれた2月の北鎌倉は、
b0169330_2220173.jpg
早春の風もどこか暖かさを感じさせてくれました。

by kyoto-omoide | 2018-02-24 09:30 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #62 -早春の北鎌...      鎌倉散歩 #62 -早春の北鎌... >>