MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 15日

瑠璃光院 夜の特別拝観(前編)

b0169330_23142124.jpg
夕暮れの風景。(2018年6月9日訪問)



b0169330_22584767.jpg
書院の2階に上がると、
b0169330_2259562.jpg
日の長い6月ということもあり、
b0169330_22593542.jpg
まだ夕暮れの光の中に、
b0169330_23151548.jpg
この風景はありました。
b0169330_23153720.jpg
瑠璃光院がここまで人気になったのは、
b0169330_031594.jpg
書院2階の床板や机に新緑や紅葉が映り込む風景。新緑の今回、
b0169330_03854.jpg
青もみじが映り込む緑の世界は、
b0169330_8121752.jpg
言葉を失うほどの美しさでした。
b0169330_9123387.jpg
そしてなんといっても、
b0169330_15145733.jpg
黒塗りの机の天板に美しく反射した青もみじ。
b0169330_15153810.jpg
このリフレクション風景が、
b0169330_15153705.jpg
インスタなどのSNS等を中心に話題となり、
b0169330_16003572.jpg
近年の瑠璃光院人気に拍車をかけました。
b0169330_16003695.jpg
瑠璃光院の公開は、
b0169330_16003382.jpg
春と秋の限られた期間だけで、
b0169330_16295766.jpg
拝観料も2000円と高額ですが、
b0169330_16295676.jpg
この風景は何度でも見たくなる美しさです。
b0169330_16295421.jpg
今回の夜間拝観は事前予約、人数限定の分、
b0169330_16305835.jpg
料金も高かったですが、
b0169330_16305840.jpg
それに代えがたい時間を過ごせました。
b0169330_16305762.jpg
この風景に身を置いていると、
b0169330_16305870.jpg
美しい音色が渡っていきます。
b0169330_17361285.jpg
1階に降りると、
b0169330_17361296.jpg
広がる瑠璃の庭を前に、
b0169330_17361274.jpg
チェロの演奏が行われていました。
b0169330_17361133.jpg
b0169330_17370926.jpg
b0169330_17370812.jpg
奏者の見つめる先には、
b0169330_17380059.jpg
瑠璃の庭。
b0169330_17380096.jpg
「瑠璃色に輝く浄土」を表して作庭されたというこのお庭は、
b0169330_17375973.jpg
数十種の苔のじゅうたんをぬって、
b0169330_17375912.jpg
一条のせせらぎが清らかに流れます。
b0169330_17361115.jpg
優しい調べが、
b0169330_17361106.jpg
緑の世界を包み込んでいきました。
b0169330_17361128.jpg
演奏が終わると、
b0169330_17371030.jpg
再び静けさに包まれ、
b0169330_17380013.jpg
爽やかな風が通り抜けていきます。
b0169330_21473010.jpg
書院から、
b0169330_2147371.jpg
茶室喜鶴亭のある、
b0169330_21481872.jpg
下の階へと階段を下りていきます。
b0169330_21482678.jpg
こちらの部屋の前に広がるのが、
b0169330_21483381.jpg
天にかけのぼる龍を水と石で表した池泉庭園「臥龍の庭」。
b0169330_2153284.jpg
この廊下にも、
b0169330_21531537.jpg
庭園の緑を映しこんでいました。
b0169330_21532286.jpg
喜鶴亭を眺め、再び書院へと戻ります。

by kyoto-omoide | 2018-06-15 19:00 | 京都(特別公開) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 瑠璃光院 夜の特別拝観(中編)      瑠璃光院 夜の特別拝観(プロローグ) >>