MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 06月 17日

瑠璃光院 夜の特別拝観(後編)

b0169330_14362688.jpg
暗闇の風景。(2018年6月9日訪問)



b0169330_9574861.jpg
20時を過ぎ、すっかり暗くなり、
b0169330_9575373.jpg
書院2階からの風景も、
b0169330_9575813.jpg
青もみじが光に浮かび、
b0169330_958824.jpg
一層幻想的に広がっていました。
b0169330_9582026.jpg
昼夜を問わず美しく広がるこの風景。
b0169330_9582579.jpg
初めて訪れたのはちょうど10年前になりますが、
b0169330_9584622.jpg
その頃はほとんど知られていない存在で、
b0169330_10234063.jpg
訪れる人もまばらな穴場でしたが、
b0169330_10234689.jpg
だんだんとこの「机もみじ」で有名になり、
b0169330_10235141.jpg
あまりに訪れる人が多くなって、
b0169330_14355054.jpg
数年前に一度拝観停止になりました。
b0169330_14361025.jpg
その後、限定公開や、
b0169330_14361647.jpg
拝観料のアップなど、
b0169330_14362139.jpg
拝観者を少なくする工夫をして、
b0169330_1447133.jpg
また春と秋の公開が再開されるようになりました。
b0169330_1447753.jpg
特に秋の紅葉期の人気は高く、
b0169330_14471781.jpg
真っ赤に染まったモミジが、
b0169330_1456378.jpg
机に映り込む風景は、
b0169330_1456878.jpg
筆舌に尽くしがたい美しさですので、
b0169330_14561383.jpg
最盛期は長蛇の行列や拝観チケットが売切れたりする人気となってしまいます。
b0169330_14562320.jpg
今回の夜の特別拝観は人数限定で行われたため、
b0169330_14562769.jpg
比較的落ち着いた雰囲気の中で、
b0169330_14563388.jpg
この風景と向き合うことができました。
b0169330_15361186.jpg
夜も更けてきて、
b0169330_15361768.jpg
閉門時間が迫ってきました。
b0169330_15362640.jpg
最後にもう一度、
b0169330_15363773.jpg
色々な角度から、
b0169330_15543741.jpg
目に焼き付けました。
b0169330_15544487.jpg
b0169330_0121366.jpg
b0169330_7383535.jpg
b0169330_7384254.jpg
b0169330_15545176.jpg
b0169330_15545956.jpg
b0169330_1763043.jpg
b0169330_1764213.jpg
b0169330_177083.jpg
b0169330_1771280.jpg
b0169330_1771989.jpg
b0169330_17324068.jpg
落ち着いた雰囲気のなか光に揺れる青もみじを堪能できた瑠璃光院の夜の特別拝観、
b0169330_17325694.jpg
残念ながら閉門の時間になりましたので、
b0169330_17435836.jpg
書院を出て、
b0169330_1744385.jpg
山門へと向かいます。
b0169330_17441614.jpg
足元に気をつけながら石段を下り、
b0169330_17442733.jpg
山門をくぐりました。
b0169330_17443978.jpg
瑠璃光院の春の公開は6月15日に終了し、秋の公開までしばしの眠りにつきます。
b0169330_18125333.jpg
この日は瑠璃光院に最後(20:30)までいて、八瀬比叡山口駅から京都駅に出て、最終ののぞみで帰りました。その時間まで八瀬の山の中にいて、24時過ぎには横浜の家にいるというのも何か不思議な感覚でした(笑

by kyoto-omoide | 2018-06-17 20:00 | 京都(特別公開) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都三条会商店街 -ケーキとあ...      瑠璃光院 夜の特別拝観(中編) >>