MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 08日

京の夏の旅2018 -かき氷巡り(おづ Kyoto ‐maison du sake plus Cafe‐)-

b0169330_22302493.jpgb0169330_8174525.jpg


















日本酒カフェのかき氷。



b0169330_1636270.jpg
京都御苑から護王神社の角を西に進むと、
b0169330_16370264.jpg
町家のお店が見えてきます。
b0169330_16341058.jpg
京町家の外観が美しいこちらは、
b0169330_16345330.jpg
「おづ Kyoto ‐maison du sake plus Cafe‐」さん。
b0169330_1635165.jpg
日本酒の「白鹿」ブランドを展開する「辰馬本家酒造」(兵庫県西宮市)が、
b0169330_1635870.jpg
2014年11月に、日本酒文化の発信拠点「おづKyoto -maison du sake-」としてオープンしました。
b0169330_16370200.jpg
今年6月に少し形態が変わり、
b0169330_16370193.jpg
ランチやカフェを充実して「plus Cafe」と店名も変わりました。
b0169330_16333841.jpg
お店に入ると、
b0169330_16334786.jpg
日本酒や、
b0169330_1634399.jpg
奈良漬、酒粕といった商品が並び、
b0169330_1633552.jpg
カフェスペースとして、
b0169330_16322356.jpg
テーブル席が並んでいました。
b0169330_16321654.jpg
テーブル席の奥には、
b0169330_1633957.jpg
座敷席が広がっていました。
b0169330_163345.jpg
広がる和の空間に、
b0169330_1634521.jpg
坪庭も見えます。
b0169330_1635140.jpg
b0169330_16261754.jpg
b0169330_1626445.jpg
座敷の席に座り、
b0169330_23201871.jpg
メニューの中から、
b0169330_16262316.jpg
ランチと、
b0169330_16263864.jpg
食後のかき氷を注文しました。
b0169330_16321056.jpg
待っている間に2階を見せていただくと、
b0169330_16370301.jpg
2間の和室があり、
b0169330_16370302.jpg
落ち着いた空間が広がっていました。
b0169330_16314849.jpg
こちらは時間制で
b0169330_1627248.jpg
b0169330_1631414.jpg
b0169330_1632152.jpg
b0169330_22293533.jpg
1階に戻ると、
b0169330_22294284.jpg
注文していた料理が運ばれてきました。
b0169330_22295560.jpg
平日限定メニューの「はこ御膳弁当(1200円)」。
b0169330_223049.jpg
2段の箱におばんざいと、
b0169330_2243226.jpg
季節のかやく御飯、赤出汁、お漬物がセットになっています。
b0169330_2243178.jpg
おばんざいも、
b0169330_22503585.jpg
かやく御飯も美味しそうで、
b0169330_22505025.jpg
1200円を考えればコスパも十分です。
b0169330_22504214.jpg
「日本酒に合う暮らし」を提案するおづ Kyoto さん。
b0169330_2251757.jpg
日本酒もいただきたいところでしたが、
b0169330_22511598.jpg
まだお昼でしたので自重^^;
b0169330_23201931.jpg
美味しいランチをいただいた後、
b0169330_822142.jpg
かき氷が運ばれてきました。
b0169330_822750.jpg
「おづ氷 甘酒しろっぷ(750円)」。
b0169330_08280649.jpg
ふわふわにかいた氷にのっているのは、
b0169330_8174041.jpg
刻み奈良漬と、
b0169330_08280561.jpg
あられ。
b0169330_08280611.jpg
甘酒のソースは、
b0169330_81822.jpg
酒粕マスカルポーネソースで、
b0169330_08280541.jpg
おちょこに入って出てきました。
b0169330_818105.jpg
まずはそのまま、
b0169330_8181791.jpg
奈良漬と、
b0169330_8183741.jpg
ふわふわ氷をいただきます。
b0169330_8184734.jpg
食べ進んだところで、
b0169330_819098.jpg
甘酒しろっぷを投入しました。
b0169330_819550.jpg
氷の中には柑橘のジュレが入っていて、氷との食感も楽しむことができました。
b0169330_08280568.jpg
おづ氷は、甘酒しろっぷのほかに、抹茶あずき白玉と檸檬れもんの2種類があります。
b0169330_08280670.jpg
食後にはお菓子をサービスでいただきました。
b0169330_1635426.jpg
月替わりの日本酒のミニボトルと小鉢がセットになった「ほろよいセット」も気になりました。7月~8月は「白鹿 すずろ」という夏のフレッシュなしぼりたての爽やかな香りとやや甘味が特徴のお酒だそうです。
b0169330_16351540.jpg
日本酒の良さにこだわった「おづ Kyoto」さん。
b0169330_16352975.jpg
それを気軽に味わえるカフェは、町家の雰囲気と相まって、日本酒を楽しむことができます。
b0169330_16370269.jpg
ちなみに隣には美味しいカレーで有名な喫茶店「茶の間」さんがあります。

by kyoto-omoide | 2018-09-08 12:45 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京の夏の旅2018 -割烹 三栄-      京の夏の旅2018 -かき氷巡... >>