MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 09月 24日

京の夏の旅2018 -かき氷巡り(木と根)-

b0169330_225050100.jpgb0169330_915216.jpg


















かき氷、全てかかり〼



b0169330_22221253.jpg
四条烏丸から少し下ったところにあるのが平等寺(因幡薬師)。
b0169330_15254451.jpg
平安時代より「がん封じ」で知られ、
b0169330_15252554.jpg
京の町衆を見守ってきた薬師様を祀る古刹です。
b0169330_15253780.jpg
お参りを済ませ、
b0169330_222259.jpg
奥に進んでいくと、
b0169330_22213795.jpg
路地裏にぽっかり空いたような空間が現れます。
b0169330_22213041.jpg
どこか懐かしさが漂う空間に、
b0169330_22211780.jpg
目的のお店はあります。
b0169330_2221794.jpg
鄙びたビルの1階にあるこちらが、
b0169330_2313931.jpg
喫茶室と日用品のお店、
b0169330_00264951.jpg
「木と根」。
b0169330_231557.jpg
カフェとしては昔から知られたお店ですが、
b0169330_2313151.jpg
ここ最近はこれで有名になっています。
b0169330_230865.jpg
倉庫を改装したという外観は、
b0169330_22594152.jpg
年季の入った感じがしっくりきています。
b0169330_23434826.jpg
お店の左手には、
b0169330_2312560.jpg
細い路地が東洞院通へと続いています。
b0169330_23435562.jpg
今も昔も変わらぬ人気を誇る「木と根」さん。
b0169330_1526262.jpg
ここを訪れたのはちょうど10年ぶりでした(2008年9月14日訪問)。
b0169330_15255518.jpg
その当時の外観はこちらで今と変わらぬ姿です。
b0169330_15575259.jpg
当時は向かいのビルに、
b0169330_15574532.jpg
薬師湯という銭湯がありました。
b0169330_15572850.jpg
この空間にマッチしていましたが、その後廃業されたようです。
b0169330_00265013.jpg
変わらぬ飾り気のないお店の佇まいに、
b0169330_230148.jpg
ほっとしながら、
b0169330_00264914.jpg
氷ののぼりを見て、
b0169330_2250357.jpg
扉を開けて中に入ります。
b0169330_8115428.jpg
お店に入ると、店主さんがセレクトした器など陶器を中心とした日用品が所狭しと並べられたショップスペースがあります。
b0169330_811161.jpg
そして、奥のスペースが喫茶室になっています。
b0169330_8112465.jpg
カウンターと、
b0169330_8111736.jpg
小さなテーブル席が1つの、
b0169330_8113111.jpg
計8席というこじんまりとした空間。
b0169330_8113981.jpg
この小さな空間の喫茶室に、
b0169330_8114787.jpg
夏限定の「かき氷」を求めて多くの人々が集まります。
b0169330_812939.jpg
b0169330_8122473.jpg
b0169330_8123146.jpg
b0169330_812169.jpg
奥のカウンター席に座りました。
b0169330_8335784.jpg
大人気のかき氷は、
b0169330_09275479.jpg
1種類のみで、
b0169330_09270423.jpg
その日のシロップが黒板に書かれています。
b0169330_8334989.jpg
基本これがすべてかかりますが、苦手なものを店員さんが聞いてくれますので、外すことも可能です。
b0169330_8344843.jpg
早速注文して、
b0169330_837515.jpg
持ってきていただけました。
b0169330_8374456.jpg
「本日のかき氷(1400円)」。
b0169330_8383455.jpg
かき氷は、
b0169330_8484685.jpg
初夏から初秋にかけて期間限定で、
b0169330_849080.jpg
自家製シロップが、
b0169330_849988.jpg
全種類かかった状態でいただけることで人気になっています。
b0169330_09270461.jpg
かなりの大きさでこんもりと盛られた氷に、
b0169330_09270432.jpg
色とりどりのシロップがかかっていて、なんとも鮮やかなかき氷。
b0169330_8491728.jpg
この日は、
b0169330_8554514.jpg
右から、「すももシロップ」、
b0169330_8555390.jpg
「すだち蜜」、
b0169330_856012.jpg
「マンゴー生スクイーズ」、
b0169330_8561643.jpg
「キウイ生スクイーズ」、
b0169330_8562532.jpg
そしててっぺんには、
b0169330_8492486.jpg
「白いんげん豆」。
b0169330_942334.jpg
b0169330_8381970.jpg
たくさんの味わいが楽しめるかき氷、
b0169330_9152813.jpg
まずはそれぞれごとに楽しみます。
b0169330_9154350.jpg
フレッシュフルーツから作られたシロップは素材の味が活かされた自然な甘さと、
b0169330_9174974.jpg
食べ進めるとさらに自家製ならではの味わいが深まっていきました。
b0169330_917573.jpg
b0169330_918599.jpg
そして最後の1種「きび蜜」は氷の中に仕込まれていました。最後はすべてのシロップが混ざったミックスでいただきました。
b0169330_9181320.jpg
旬の果実の自家製シロップは季節によって変わるので、また次に来る楽しみも残ります。
b0169330_09270530.jpg
かき氷には温かい朝宮ほうじ茶がついてきますので、
b0169330_09275573.jpg
食後の冷えたお腹にも優しいです。
b0169330_09270508.jpg
ナチュラルな空間で、
b0169330_838583.jpg
ここでしか味わえないかき氷を堪能しました。
b0169330_09275591.jpg
もちろんかき氷以外の通常メニューもいただくことができ、
b0169330_09270633.jpg
自家製の直火焼きのマフィンやカフェドガウディのコーヒをメインに、季節の手作りデザートや旬の果実シロップジュースをいただくことができます。
b0169330_15565523.jpg
10年前に訪れた時は、
b0169330_1557250.jpg
窓側のカウンター席で、
b0169330_1557894.jpg
季節の果実のシロップジュースをいただきました。
b0169330_15572178.jpg
今夏、10年ぶりに訪れた「木と根」さん。
b0169330_22592112.jpg
素朴で美しい日用品を集めたショップ&喫茶室の雰囲気は全く変わらず、
b0169330_22593332.jpg
かき氷という魅力が加わり、
b0169330_00264813.jpg
またいつか訪れたい気持ちのままお店を後にしました。

by kyoto-omoide | 2018-09-24 13:00 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京の夏の旅2018 -和ごころ 泉-      京の夏の旅2018 -かき氷巡... >>