MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 23日

京都IN銀座・日比谷 -東急プラザ銀座(下鴨茶寮 東のはなれ / のまえ)-

b0169330_22445495.jpgb0169330_21593883.jpg
















銀座の下鴨茶寮のまえ



b0169330_7215826.jpg
銀座を象徴するエリアのひとつ、
b0169330_722144.jpg
数寄屋橋に2016年3月にオープンした「東急プラザ銀座」。
b0169330_7215098.jpg
銀座エリアの「西の玄関口」である数寄屋橋交差点に誕生した新たなランドマークとして、
b0169330_7214229.jpg
「Creative Japan~世界は、ここから、おもしろくなる。~」 をコンセプトに、
b0169330_22592362.jpg
建物の外観イメージは、日本の伝統工芸である「江戸切子」をモチーフに、「光の器」というコンセプトでデザインされています。
b0169330_225929100.jpg
江戸切子は、江戸の硝子技術と西洋のカット技術の融合で生まれたといわれ、まさに「伝統」と「革新」の融合の象徴で、この建物から溢れ出す光たちが、さまざまな文化を受けいれながら新しい情報を創り発信していく「光の器」を表現しています。
b0169330_22593688.jpg
地上66メートル、全13フロアの施設には、125店舗が入店しており、その多くが日本初出店や東京初出店の多彩なブランドで構成されています。東急百貨店の新セレクトストアや東急ハンズの新業態、都内最大の市中空港型免税店も出店。
b0169330_2363997.jpg
高い格式と最新のトレンドを兼ね備えたショップ等、伝統と革新が共存する銀座エリアの魅力を受け継いだ銀座の新たなランドマークとして、急増するインバウンド需要に応えています。
b0169330_2364510.jpg
そんな東急プラザ銀座にも京都のお店も入っており、訪れました。
b0169330_2365915.jpg
途中階の大規模な免税店を見ながら、
b0169330_2365286.jpg
11階のレストラン街に、
b0169330_23521091.jpg
エスカレーターで上がります。
b0169330_721337.jpg
黒を基調としたシックな空間に、
b0169330_23465482.jpg
お店がいくつも並び、
b0169330_22444862.jpg
最も奥まったところに、
b0169330_2258137.jpg
見えてくるのが、
b0169330_22583291.jpg
「下鴨茶寮 のまえ」。
b0169330_22585324.jpg
京都の老舗料亭、下鴨茶寮が手がける日本酒バルです。
b0169330_23464744.jpg
夜はバルとなりますが、
b0169330_23464099.jpg
お昼のランチで訪れました。
b0169330_2251251.jpg
反対側にいくと、
b0169330_2245118.jpg
こちらにもお店の案内。
b0169330_22445567.jpg
見てみると、下鴨茶寮の案内で、
b0169330_2245353.jpg
「銀座下鴨茶寮 東のはなれ」とあります。
b0169330_22505561.jpg
下鴨茶寮「東のはなれ」と「のまえ」。
b0169330_2251262.jpg
不思議な名前ですが、
b0169330_22511082.jpg
京都の下鴨茶寮の東京店、つまり「東のはなれ」と、そのまえにある「のまえ」の2つのお店が入っています。
b0169330_2375569.jpg
暖簾の向こうは「のまえ」のようですが、
b0169330_22511771.jpg
「東のはなれ」の入口が見つかりません。
b0169330_2374665.jpg
「のまえ」の暖簾をくぐり、
b0169330_7175073.jpg
お店に入ります。
b0169330_22444711.jpg
入って右手のこの扉が、
b0169330_22443995.jpg
下鴨茶寮 東のはなれの入口になっています。引き戸の奥は、京都の本店に負けない老舗料亭の雰囲気が広がっているそうですが、
b0169330_7174279.jpg
ちょっと敷居が高そうですので、「のまえ」さんへ。
b0169330_2347165.jpg
大きなコの字カウンターに、
b0169330_7175867.jpg
温かい光を照らすランプシェード。
b0169330_2347884.jpg
京都の信三郎帆布で特注したランプシェードは、シンプルでしなやか。良質の天然帆布ならではの質感から、はんなりとした京都らしさが香り立ちます。
b0169330_7173519.jpg
カウンターの奥には、
b0169330_2347187.jpg
銀座を見下ろす眺望が広がり、
b0169330_718684.jpg
テーブル席が並んでいました。
b0169330_7245940.jpg
この窓際のテーブル席に案内していただきました。
b0169330_7252232.jpg
席につくと、
b0169330_21344051.jpg
冷たいほうじ茶とおしぼり、
b0169330_725735.jpg
先付の「汲み上げ湯葉」が運ばれてきました。
b0169330_21342652.jpg
豆乳を加熱し最初にはってきた湯葉を汲み上げたもので、
b0169330_21343393.jpg
とろとろの味わいと深い旨味を醸し出します。
b0169330_21344780.jpg
わさびと薄口醤油でさっぱりといただきました。
b0169330_2135226.jpg
続いて、
b0169330_2135854.jpg
「海老と南瓜のサラダ」。
b0169330_21595076.jpg
そしてメインのお料理が運ばれてきました。
b0169330_21351669.jpg
今回注文したのが「旬彩膳(2700円)」。
b0169330_21593233.jpg
季節の食材を使った旬彩5品のワンプレートに、
b0169330_21594452.jpg
御飯、味噌汁、香の物がついてきます。
b0169330_07261181.jpg
三菊のお浸し、
b0169330_07261176.jpg
めばち鮪のお造り、
b0169330_07261114.jpg
鮭とイクラの塩麹漬け、
b0169330_07261174.jpg
のまえ玉子、
b0169330_07261197.jpg
トロ秋刀魚の蒲焼き。
b0169330_21592553.jpg
彩り豊かな旬の食材を、
b0169330_21595727.jpg
ほくほくのご飯と、
b0169330_220357.jpg
味わい深くいただきました。
b0169330_22443255.jpg
お昼とはうってかわって、
b0169330_232101.jpg
夜は日本酒バルとなり、
b0169330_23203873.jpg
一品を肴に、たくさんの種類の日本酒をいただくことができます。
b0169330_21561490.jpg
「東のはなれ」もですが、夜の「のまえ」にもいつか訪れたいと思います。

by kyoto-omoide | 2018-10-23 11:00 | 京都(IN東京) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都IN銀座・日比谷 -東急プ...      京都IN銀座・日比谷 -GIN... >>