MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 11月 01日

北野天満宮 曲水の宴(前編)

b0169330_22303421.jpg
北野天満宮 曲水の宴(2017年11月3日訪問)



b0169330_2375557.jpg
秋色に染まる北野天満宮。
b0169330_2374677.jpg
昨年の11月3日の文化の日、
b0169330_22550909.jpg
曲水の宴が執り行われました。
b0169330_735539.jpg
三光門横、
b0169330_736164.jpg
紅梅殿前の船出の庭に、
b0169330_2374155.jpg
準備が進んでいました。
b0169330_238179.jpg
14時からの第一部は招待者のみで行われ、
b0169330_23864.jpg
紅梅殿で白拍子舞が始まりました。
b0169330_2381732.jpg
b0169330_7211541.jpg
b0169330_7212136.jpg
b0169330_7212732.jpg
この後「曲水」が行われ、
b0169330_7213316.jpg
15時30分からの第二部の開場となりました。
b0169330_7214479.jpg
紅梅殿前の船出の庭に入ると、
b0169330_7261398.jpg
小川の流れるそばに、
b0169330_7214934.jpg
黄色いツワブキ咲く庭園に、
b0169330_7215460.jpg
曲水の設え。
b0169330_7254631.jpg
b0169330_726879.jpg
赤絨毯の上には、
b0169330_725526.jpg
硯と句をしたためる色紙などが置かれています。
b0169330_7321035.jpg
鳥の形をした酒盃やお酒の用意もできた頃、
b0169330_7321525.jpg
神社の方が、
b0169330_7322158.jpg
硯に水を添えていきます。
b0169330_7322739.jpg
b0169330_7324979.jpg
b0169330_20381616.jpg
準備が終わると、
b0169330_20382110.jpg
小川の流れる音だけが響くしばしの静寂が訪れました。
b0169330_20382631.jpg
しばらくすると、童子と、
b0169330_20383263.jpg
白拍子の踊手さんが川を渡っていきました。
b0169330_20384366.jpg
そして、
b0169330_20383710.jpg
歌を詠む歌人の方々も着座され、
b0169330_2043691.jpg
曲水の宴の準備も整ったようです。
b0169330_20431284.jpg
水干童子のみなさんも着座されました。
b0169330_20432226.jpg
そして紅梅殿では、
b0169330_20452139.jpg
雅楽の演奏が始まり、
b0169330_20452685.jpg
童子に続いて、
b0169330_20453170.jpg
白拍子の舞手さんも登壇され、
b0169330_2045438.jpg
雅な平安の世が現代に蘇りました。
b0169330_20454826.jpg
菅原道真公が「曲水の宴」について詠まれたという「花時天似酔」の朗詠が行われ、
b0169330_2049934.jpg
朗詠に合わせて、
b0169330_20491553.jpg
舞を披露されました。
b0169330_20492165.jpg
美しい歌声と、
b0169330_20493347.jpg
優美な舞に、
b0169330_20494598.jpg
雅な時間が流れていきます。
b0169330_22235814.jpg

b0169330_2224577.jpg
b0169330_22241132.jpg
b0169330_22550985.jpg
b0169330_22550996.jpg
b0169330_22241867.jpg
b0169330_22301445.jpg
b0169330_22302234.jpg
b0169330_22302875.jpg
b0169330_22304015.jpg
b0169330_22442570.jpg

b0169330_22443181.jpg
b0169330_22443788.jpg
b0169330_22444379.jpg
b0169330_22445044.jpg
b0169330_22511617.jpg
b0169330_22512265.jpg
b0169330_22512896.jpg
b0169330_22514298.jpg
優雅な舞が終わり、
b0169330_22514861.jpg
童子と一緒に、
b0169330_22515424.jpg
奥へと下がります。
b0169330_2252099.jpg
モミジが残された紅梅殿の白拍子が終わり、曲水の宴が始まります。

by kyoto-omoide | 2018-11-01 15:00 | 京都(特別公開) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 北野天満宮 曲水の宴(中編)      京都IN銀座・日比谷 -東京ミ... >>