MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 10月 24日

京都IN銀座・日比谷 -東急プラザ銀座(ハンデルスベーゲン)-

b0169330_7213929.jpg
京都発プレミアムアイスクリーム。



b0169330_23513019.jpg
東急プラザ銀座のB2フロアは、
b0169330_7203978.jpg
地下鉄銀座駅から直接入れる入口があり人通りも多いフロアで、
b0169330_7204585.jpg
バラエティ豊かなショップが集まるフードのマルシェになっています。
b0169330_2335547.jpg
この一角にあるのが、
b0169330_2336122.jpg
アイスクリームのお店、
b0169330_7205583.jpg
「ハンデルスベーゲン」さんです。
b0169330_7211165.jpg
京都発のアイスクリーム専門店で、東急プラザ銀座のオープンにあわせ入店されました。
b0169330_721637.jpg
京都でも人気のアイスクリーム屋さんで、満を持して東京への出店となりましたが、
b0169330_721160.jpg
北大路や河原町にあったお店はこの8月までに閉店されたため、現在は京都からはお店がなくなってしまいました。
b0169330_7211736.jpg
アイスは密封された容器に入っているため、色合いなどは確認できませんが、
b0169330_2205798.jpg
その分、作り立ての状態のままいただくことができます。
b0169330_221217.jpg
テイクアウトもできますが、
b0169330_7212237.jpg
お店でいただくことにして早速注文しました。
b0169330_7213294.jpg
いただいたのは、
b0169330_7212792.jpg
緑が鮮やかな、
b0169330_7214541.jpg
「京都宇治抹茶」のシングルをコーンで。(560円)。
b0169330_23193064.jpg
コーンもお店で1枚づつ焼き上げているそうです。
b0169330_221438.jpg
宇治抹茶は、京都生まれのハンデルスベーゲンの中でも、特に強いこだわりをもったフレーバーです。
b0169330_2214833.jpg
抹茶とハンデルスべーゲンのアイスクリームベースとの相性を徹底的に検証し、
b0169330_23194542.jpg
抹茶の濃厚さとアイスクリームの旨味、両方を引き出す黄金比を導き創り出しました。
b0169330_23195230.jpg
甘み、渋み、深みの三重奏を奏でるアイスクリーム、
b0169330_232078.jpg
抹茶とアイスが見事に融合した絶品の美味しさでした。
b0169330_23354614.jpg
奥にはイートインスペースがあり、
b0169330_23353773.jpg
ゆっくりアイスをいただくことができます。
b0169330_23513109.jpg
「京都プレミアム」をコンセプトにしたハンデルスベーゲンのアイスクリーム。
b0169330_23345828.jpg
作るのは、京都で修行を重ねた和食の板前さんです。2011 年、京都から「記憶に残る本物の味」を目指し、1年間の試行錯誤の末に「素材と旬を活かす」という和食の考え方を応用したどり着いた製法、日本独自のプレミアムアイスクリームが誕生しました。
b0169330_23351579.jpg
和食の基本はだし。そしてアイスクリームの基本となるベース。和食もアイスクリームも、基本となるだし・ベースの美味しさが味を左右するとのコンセプトは、板前さんならではの経験から生み出されました。そして、フレーバーは素材そのもののよさを追求すること、最高の食材を仕入れてきた経験を活かし、フレーバーの素材を世界各国、全国各地から選び抜いています。調味料に頼るのではなく、素材の味を活かすという和食の調理法をアイスに応用し、安心で美味しい日本独自のフレーバーができあがりました。
b0169330_221876.jpg
京都の板前さんならではの美味しいアイスクリーム、
b0169330_2211452.jpg
全フレーバーを制覇したいです。
b0169330_23513035.jpg
夜遅くまで開いているので仕事帰りにも立ち寄れそうです。
b0169330_2352209.jpg
さて東急プラザ銀座の11F屋上へ、
b0169330_7212661.jpg
エスカレーターで上がっていくと、
b0169330_23522924.jpg
「キリコテラス」と呼ばれる屋上庭園が広がります。
b0169330_23523851.jpg
緑をテーマにした「GREEN SIDE」には、
b0169330_7211584.jpg
「櫻ノ茶屋」というショップがあり、
b0169330_2352479.jpg
ソフトクリームや珈琲、ビールなどを販売しています。
b0169330_23525649.jpg
天気のいい日は珈琲やビールを飲みながら、
b0169330_022119.jpg
銀座の街を見下ろしながら寛ぐのも気持ちがよさそうです。
b0169330_014682.jpg
地上56mのこの場所からは数寄屋橋交差点や、
b0169330_015427.jpg
ルミネ銀座、
b0169330_02340.jpg
有楽町のガード橋を行き交う電車などを見下ろします。
b0169330_2353511.jpg
反対側に行ってみると、
b0169330_013771.jpg
「GINZA SIX」も見渡しました。
b0169330_023066.jpg
テラスの一角には、
b0169330_023972.jpg
桜の木も植えられ、春に咲く頃にまた訪れてみたいです。
b0169330_22525822.jpg
そのキリコテラス、
b0169330_22244978.jpg
夜に訪れてみました。
b0169330_22523119.jpg
b0169330_22523794.jpg
眼下には、銀座の夜景が広がり、
b0169330_22524735.jpg
数寄屋橋を行き交う車のライトが綺麗でした。
b0169330_22521256.jpg
b0169330_22521889.jpg
b0169330_22234965.jpg
テラスの奥には、
b0169330_22235637.jpg
広い水盤が特徴の「WATER SIDE」と呼ばれる空間が広がっていました。
b0169330_22241265.jpg
夏場など水辺のテラスでビールを飲みながら、
b0169330_2224205.jpg
夜景を見るのも涼しそうです。
b0169330_22242737.jpg
夜景を見た後は、
b0169330_22442122.jpg
2回目のハンデルスベーゲンへ。
b0169330_22443788.jpg
いただいたのはダブルカップ(880円)。
b0169330_22450548.jpg
選んだフレーバーは「モンブラン ダブルマロン」と「マダガスカル リッチバニラ」。
b0169330_22450429.jpg
上のバニラから。
b0169330_22450515.jpg
北海道でのびのびと暮らす乳牛が生み出す濃厚なミルクと生クリームを最大限に活かしたバニラ本来の風味と味。高品質なマダガスカル産の「バニラビーンズ」をそのままたっぷりと混ぜ込むことで、今までにないバニラアイスを創り出しました。ミルクの風味豊かなやさしい味わいに感嘆しました。
b0169330_22450589.jpg
下のモンブランは、厳選されたヨーロッパ栗ペーストと、渋皮を残してじっくりと煮詰めた栗の甘露煮。2つの栗をメインに、隠し味にクッキーを加えて作られた「モンブラン ダブルマロン」。食感の違う2つの栗のバランスが良く、栗本来の味わいを深くじっくりと堪能できる秋にぴったりの味わいに仕上がっていました。
b0169330_22450401.jpg
残りのフレーバーも完食したくなる絶品のアイスクリーム。まだまだ通いそうです。

by kyoto-omoide | 2018-10-24 19:00 | 京都(IN東京) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都IN銀座・日比谷 -四条富...      京都IN銀座・日比谷 -東急プ... >>