MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2018年 12月 13日

紅葉の京都2018 -萬年山眞如寺 かしきりもみじ(前編)-

b0169330_726431.jpg
萬年山眞如寺へ。



b0169330_23405019.jpg
等持院の近く、六請神社の隣にあるのが、
b0169330_23405632.jpg
「萬年山眞如寺」。
b0169330_234117.jpg
普段は非公開のお寺ですが、
b0169330_2341716.jpg
今年の秋、
b0169330_22541809.jpg
事前予約制で特別拝観が行われました。
b0169330_23411870.jpg
予約時間になり表門を開けて、
b0169330_23411376.jpg
紅葉に彩られた参道を進みます。
b0169330_22522594.jpg
非公開のお寺ですが、
b0169330_22524096.jpg
この参道を歩くのは、
b0169330_22521921.jpg
実は3回目になります。
b0169330_23412433.jpg
山門へ続く、
b0169330_22524514.jpg
一直線の石畳の参道を、
b0169330_23413546.jpg
ゆっくりと歩いていきます。
b0169330_23414073.jpg
しばらく行くと、
b0169330_22164594.jpg
山茶花の白い花も
b0169330_22163955.jpg
参道を彩っていました。
b0169330_22162845.jpg
b0169330_23414520.jpg
山門の手前には、
b0169330_726129.jpg
湿地が広がり、5月には一面にカキツバタが咲き誇るそうです。
b0169330_726229.jpg
そこにかかる橋を渡り、
b0169330_7261832.jpg
山門へ。
b0169330_7263960.jpg
山門横の真っ赤なモミジを見て、
b0169330_7263480.jpg
門をくぐります。
b0169330_7264751.jpg
門の向こうも、
b0169330_21453539.jpg
モミジに包まれた参道が、
b0169330_2145421.jpg
さらに奥へと続いています。
b0169330_21455021.jpg
紅葉を見上げながら進むと、
b0169330_21455716.jpg
右手に客殿が見えてきて、
b0169330_21485099.jpg
奥へと進むと、
b0169330_21485627.jpg
紅葉の陰から、
b0169330_2149114.jpg
法堂(仏殿)が広がりました。
b0169330_21483895.jpg
萬年山真如寺は、臨済宗相国寺派の寺院で、
b0169330_2146360.jpg
鹿苑寺(金閣寺)、慈照寺(銀閣寺)とともに相国寺の3つの山外塔頭の1つです。
b0169330_21482374.jpg
勧請開山は無学祖元(仏光国師)。ご本尊は宝冠釈迦如来を祀ります。
b0169330_22523065.jpg
客殿に入り、受付を済ませると、
b0169330_0452972.jpg
まずは客殿を案内いただきました。
b0169330_020461.jpg
客殿には、江戸時代後期に活躍した画家、原在中による襖絵を見ることができます。
b0169330_00330570.jpg
原在中は細密な色彩や円山応挙の写実的な画風を取り入れ、山水、人物、花鳥などを多彩な画法で描きこなした京都出身の絵師で、
b0169330_021580.jpg
「四季花卉図」や「雀朝顔図」などの襖絵を見ることができました。
b0169330_021139.jpg
襖絵を見た後は、
b0169330_0422723.jpg
書院へ入ります。

by kyoto-omoide | 2018-12-13 13:00 | 京都(特別公開) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 紅葉の京都2018 -萬年山眞...      紅葉の京都2018 -カンラ ... >>