MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 12日

京都三条会商店街 -玉屋-

b0169330_07512917.jpg
三条会商店街の昭和な食堂Ⅰ



b0169330_07205027.jpg
三条会商店街で、
b0169330_7191974.jpg
ずっと昔から営業を続ける食堂、
b0169330_7191357.jpg
「玉屋(タマヤ)」さん。
b0169330_7201299.jpg
まさに町の大衆食堂を地で行くような、
b0169330_07205091.jpg
外観とサンプルケースのラインナップ。
b0169330_07204935.jpg
今では懐かしい出前用のバイクも健在です。
b0169330_7192562.jpg
昼も夜も地元のお客さんで多く訪れるタマヤさん。
b0169330_7194883.jpg
お店の中も、昭和な町食堂の装いで、
b0169330_07205100.jpg
何でも美味しそうで悩みました。
b0169330_07512921.jpg
そんな中で、
b0169330_8593585.jpg
注文したのが、
b0169330_859527.jpg
「親子丼(720円)」。
b0169330_8595761.jpg
極めてシンプルで、
b0169330_901995.jpg
スタンダードな親子丼。
b0169330_07512815.jpg
最近はやりのふわとろではなく、ごちゃっとしたビジュアルも懐かしい感じで、
b0169330_90320.jpg
出汁の効き具合などまさに昔食べていた優しいお味です。
b0169330_90871.jpg
なんとも暖かな気持ちになって、
b0169330_901311.jpg
一気にいただきました。
b0169330_843312.jpg
2回目の訪問では、
b0169330_835188.jpg
「冷やし中華(780円)」。
b0169330_07205021.jpg
夏場にお店の前を通った時に、
b0169330_07211807.jpg
一際存在感を示すのぼりに魅かれ、
b0169330_81518.jpg
お店に吸い込まれました。
b0169330_813091.jpg
出てきたのはこれまたスタンダードで、
b0169330_835940.jpg
昔ながらの冷やし中華。
b0169330_841954.jpg
かなりのボリュームの麺に見えます。
b0169330_08171730.jpg
具材はきゅうり、ハム、チャーシュー、もやし、そしてセンターにミカン。
b0169330_08171772.jpg
小皿に添えられた辛子一袋もなんか味がありました。
b0169330_844686.jpg
子供の頃に食べいたような実に懐かしいお味で、
b0169330_845225.jpg
チャーシューも美味しかったです。
b0169330_08171686.jpg
食べ進んでいくと、
b0169330_08171693.jpg
底から大きな氷が出てきてびっくりしました。
b0169330_08171611.jpg
麺が大盛りに見えたのは底に氷が入っていたからですね。
b0169330_08171700.jpg
懐かしい雰囲気でいただく懐かしいお味の冷やし中華。
b0169330_07211877.jpg
子供の頃に還った気持ちでいただきました。
b0169330_07211731.jpg
夏のかき氷も素朴なお味らしく、また立ち寄ってみたいです。
b0169330_07211746.jpg
まもなく平成も終わろうという時代で、ますます昭和の香りを残すお店は減っていくでしょうが、末永く残ってほしいと思わずにはいられない、そんなお店です。

by kyoto-omoide | 2019-01-12 17:00 | 京都(和食) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都三条会商店街 -つるぎ食堂-      鎌倉散歩 #66 -納言志るこ店- >>