MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 01月 08日

鎌倉散歩 #66 -新春の一条恵観山荘(前編)-

b0169330_7324979.jpg
円窓のある風景。



b0169330_2333584.jpg
バスを浄明寺で降りて、
b0169330_2333492.jpg
金沢街道を少し進むと、
b0169330_23323882.jpg
「一条恵観山荘」の門が見えてきます。
b0169330_23332742.jpg
国指定重要文化財に指定された、江戸初期の皇族山荘で、
b0169330_23323065.jpg
2017年から一般公開が始まりました。
b0169330_23252863.jpg
鎌倉随一の庭園と言われていますが、まだ訪れる機会がなかったため、
b0169330_10132548.jpg
今回お正月に初めて訪問しました。(2019年1月5日訪問)
b0169330_2331214.jpg
受付を済ませ中に入ります。
b0169330_2331144.jpg
通路の左側に、
b0169330_2328854.jpg
石燈籠が置かれた砂利敷きの庭園が広がります。
b0169330_852738.jpg
見えてきた蹲には、
b0169330_851662.jpg
蟹さんの姿が。
b0169330_85229.jpg
「一条恵観山荘(いちじょうえかんさんそう)」は、一般公開されるようになってまだ1年半ですが、
b0169330_853961.jpg
鎌倉にありながら京の雅を追体験できる場所として少しずつ人気が出始めています。
b0169330_853446.jpg
この山荘は、後陽成天皇の第九皇子であった一条恵観が1646(正保3)年に京都・西賀茂に築いた山荘を、昭和期に鎌倉の地に移築したもので、
b0169330_85505.jpg
建物だけでなく、枯山水や飛石を含めた庭園も一緒に移されたそうです。
b0169330_23281561.jpg
御幸門を見て、
b0169330_23282495.jpg
左手に進んでいきます。
b0169330_7475792.jpg
見えてくるのが、
b0169330_7334384.jpg
茶席「時雨」。
b0169330_7293720.jpg
この障子が開けられている時に見られるのが、
b0169330_7282493.jpg
美しい円窓の風景。
b0169330_7283339.jpg
円窓の奥からやさしい陽が差し込む風景は風情に溢れ、
b0169330_7331695.jpg
和室の畳の上にも満月のような光の円が描かれます。
b0169330_729028.jpg
こちらでは歴史ある道具を使った茶の湯体験が不定期で開催され、
b0169330_7291038.jpg
その際は中に上がることができるそうです。
b0169330_7281526.jpg
b0169330_730539.jpg
b0169330_7332553.jpg
美しい円窓の風景に、
b0169330_7333520.jpg
癒されました。

by kyoto-omoide | 2019-01-08 10:00 | 鎌倉 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #66 -新春の一条...      鎌倉散歩 #66 -初詣- >>