MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 02月 08日

京都・冬の光宴2018~星屑のアクセサリー~ -梅小路公園(後編)-

b0169330_793384.jpg
星屑のアクセサリー。(2018年2月9、10日訪問)
※今年も「京都・冬の光宴2019 〜人と光が作りだす街の架け橋〜」が2/1(金)〜2/14(木)に開催されています。



b0169330_01198.jpg
京都タワーと清水寺の慈悲の光を見渡しながら、
b0169330_012698.jpg
芝生広場を回り込んでいきます。
b0169330_014447.jpg
続いて見えてきたのが、
b0169330_013253.jpg
「星のせせらぎ」。
b0169330_785935.jpg
星屑が舞い降りたようなグリーンのイルミネーションの中、
b0169330_79651.jpg
星や球体のライトが、
b0169330_791485.jpg
川のせせらぎをアクセサリーのように煌びやかに演出しています。
b0169330_792060.jpg
b0169330_794090.jpg
光の中を、JRの電車が走っていきます。
b0169330_794760.jpg
京都タワーへの行灯の園路を、
b0169330_710853.jpg
左手に京都水族館を見ながら進み、
b0169330_795534.jpg
JRの線路際まで出てきました。
b0169330_7175194.jpg
見えてきたのが、
b0169330_710118.jpg
「星のささやき」。
b0169330_7175740.jpg
線路沿いの遊歩道分岐点の一角が、
b0169330_718461.jpg
アクセサリーのようにきらきらとグリーンに輝く光で、
b0169330_23541683.jpg
やさしく照らされていました。
b0169330_2324485.jpg
ベンチも、
b0169330_23245581.jpg
グリーンの光を映し、
b0169330_2325358.jpg
座ると緑に染まります。
b0169330_23542249.jpg
行灯も包み込むように並び、
b0169330_23542858.jpg
その向こうをJRの電車が走っていきます。
b0169330_23543339.jpg
b0169330_23561195.jpg
b0169330_7275089.jpg
京都タワーを振り返りながら、
b0169330_7184394.jpg
遊歩道をさらに進むと見えてくる、
b0169330_7181026.jpg
線路沿いに置かれたベンチは、
b0169330_7182496.jpg
電車を見るのに最適のスポットで、
b0169330_7275683.jpg
目の前を在来線や新幹線が通り過ぎていきます。
b0169330_728279.jpg
b0169330_728825.jpg
b0169330_728167.jpg
b0169330_728227.jpg
b0169330_718304.jpg
b0169330_2254254.jpg

b0169330_2255013.jpg
b0169330_2255893.jpg
b0169330_226642.jpg
b0169330_226137.jpg
b0169330_2262048.jpg
しばらく電車が行き交うのを眺め、
b0169330_2262858.jpg
再び「星のせせらぎ」に戻ってきました。
b0169330_22134947.jpg
梅小路公園内の4カ所で、
b0169330_22135789.jpg
「Starlight Accessories~星屑のアクセサリー~」をテーマに、
b0169330_2214535.jpg
緑の中に星屑が舞い散るように約3万球の光で演出する幻想的なライトアップ。
b0169330_2214132.jpg
ライトアップエリアを結ぶ遊歩道は、
b0169330_22143783.jpg
約300基の行灯で繋がり、
b0169330_22142147.jpg
梅小路公園全体を、
b0169330_22234367.jpg
やさしい光で包みこんでいました。
b0169330_22235842.jpg
このライトアップは、2016年より毎年この時期に開催されていて、
b0169330_2224492.jpg
今年も2月1日~14日に開催されています。
b0169330_23242910.jpg
梅小路公園内の各エリアを冬の木々に星屑が舞い降りたような「光のアクセサリー」で演出し、
b0169330_23243967.jpg
自然と光を五感で感じながら昼間とは違った美しい夜の梅小路公園を楽しむことができます。
b0169330_23561613.jpg
大宮通の入口に戻ってきました。
b0169330_23562282.jpg
ここのエリアは「星のきらめき」と呼ばれ、
b0169330_23563348.jpg
樹木の幹を飾るまばゆいばかりのゴールドとホワイトの光が、
b0169330_23564518.jpg
冬の澄んだ空気感と煌びやかさを演出していました。

by kyoto-omoide | 2019-02-08 19:30 | 京都(冬) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京都・冬の光宴2018~星屑の...      京都・冬の光宴2018~星屑の... >>