MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 28日

神楽坂 -竹あかり2019~ロッチャドォーロ神楽坂-

b0169330_1610539.jpg
神楽坂竹灯りから、
b0169330_22562829.jpg
島根イタリアンへ。



b0169330_15163180.jpg
神楽坂で、
b0169330_15163736.jpg
早春の時期に行われるのが、
b0169330_17464157.jpg
「神楽坂竹あかり」。
b0169330_151643100.jpg
毘沙門天を中心に、
b0169330_15165044.jpg
神楽坂が竹灯りに包まれます。
b0169330_15171346.jpg
毘沙門天 善國寺の山門前には、
b0169330_15171973.jpg
ハート形の竹のオブジェ。
b0169330_15165599.jpg
これは日本古来の「猪目」模様を表しており、
b0169330_1517740.jpg
古来、魔よけの効果があるとして、神社やお寺の飾り物に取り入れられてきました。
b0169330_15172730.jpg
「神楽坂竹灯り」は、
b0169330_15414426.jpg
東京六花街の一つで今も江戸の雰囲気を持ちながら、
b0169330_1542311.jpg
フランス料理店など洋の雰囲気を併せ持つ神楽坂のイメージに合わせた「坂の街のイルミネーション」として、
b0169330_15421525.jpg
2018年から2~3月にかけて開催されています。
b0169330_1554018.jpg
ハート形の竹のオブジェ、
b0169330_15173321.jpg
竹に描かれたハート、
b0169330_15412634.jpg
竹灯りからも、
b0169330_15413160.jpg
ハート形の明かりが、
b0169330_1517135.jpg
地面を照らしていました。
b0169330_15543585.jpg
花街の和の風情と、どこかパリのような洋の雰囲気を合わせ持つ神楽坂。
b0169330_16101296.jpg
そのイメージに合わせた「坂の街のイルミネーション」で彩られていました。
b0169330_16104690.jpg
夜の毘沙門天にもお参りし、
b0169330_16104039.jpg
しばし竹灯りに、
b0169330_16102062.jpg
癒されました。
b0169330_1751913.jpg
b0169330_1717549.jpg
b0169330_17171282.jpg
b0169330_1717199.jpg
竹のオブジェの後ろに入ってみると、
b0169330_1717259.jpg
向かい側の鳥茶屋本店が、
b0169330_17173774.jpg
明かりのアーチの中にあるようでした。
b0169330_17174393.jpg
b0169330_1753222.jpg
神楽坂通も、
b0169330_1752590.jpg
竹灯りに彩られ、
b0169330_17131868.jpg
猪目に切り取られた明かり口から、
b0169330_17132544.jpg
ハートの明かりが照らしていました。
b0169330_1754980.jpg
この竹灯りの向こう、
b0169330_1754497.jpg
ビルの3階に見えるのが、
b0169330_17131150.jpg
島根イタリアンで知られる「ロッチャドォーロ 神楽坂」。
b0169330_1733664.jpg
その「ロッチャドォーロ 神楽坂」を、
b0169330_17334681.jpg
ディナーで訪れました。
b0169330_17331213.jpg
サムライ堂ビルの、
b0169330_17335838.jpg
3Fに、
b0169330_17331898.jpg
お店はあります。
b0169330_17333663.jpg
オープン時間になり、
b0169330_1733424.jpg
エントランスを進みます。
b0169330_17332519.jpg
エレベーターで3階まで上がると、
b0169330_18113011.jpg
すぐにお店の入口になっていて丁寧に迎えていただきました。
b0169330_18123164.jpg
白を基調としたシンプルな店内は自然の木も取り入れた、
b0169330_18123768.jpg
ゆったりとくつろげる木の温かみあふれる空間が広がっていました。
b0169330_18124348.jpg
案内いただいたのは、
b0169330_18114282.jpg
神楽坂通りを見下ろす窓際のお席。
b0169330_1811366.jpg
予約が難しい人気のお席で半個室になっていて子連れでもゆっくり過ごすことができます。
b0169330_18114883.jpg
窓のすぐ下は、
b0169330_18115580.jpg
大勢の人が行き交う神楽坂通り。
b0169330_1812750.jpg
まさに神楽坂を感じながらお料理をいただくことができます。
b0169330_18121260.jpg
まずは、
b0169330_18122520.jpg
スパークリングワインで乾杯。
b0169330_20584891.jpg
ロッチャドォーロ神楽坂はシェフの故郷、島根の旬の食材にこだわったイタリアンで、2015年12月のオープン以来、神楽坂のイタリアン激戦区にあって高い人気を誇ります。浜田漁港より直送の魚介、島根和牛・石見ポーク・宍道湖の大粒シジミやあごだし、旬の山野草や有機野菜などの島根野菜などを用いて前菜からメイン料理まで、島根県の生産者の想いが詰まった一皿をいただくことができます。
b0169330_2047214.jpg
まずは「アミューズ」。
b0169330_20473434.jpg
b0169330_20474012.jpg
二皿目は、
b0169330_20475524.jpg
「浜田港直送 本日の鮮魚のクルード 島根の彩り大根の菜園風」
b0169330_20581081.jpg
b0169330_20581846.jpg
自家製パンも運ばれてきました。
b0169330_20583344.jpg
三皿目は、
b0169330_20584085.jpg
「津和野の仔猪のブラッサート 白ポレンタとマスカルポーネチーズのフォンドゥータと共に」
b0169330_20585577.jpg
ここで白ワインをグラスでいただきました。
b0169330_212309.jpg
グラス越しに夜の明かりが揺らめきます。
b0169330_2123627.jpg
四皿目は、
b0169330_2125064.jpg
「季節のスープ」。
b0169330_212565.jpg
にんじんのポタージュ。にんじんの甘さが絶品でした。
b0169330_2165743.jpg
五皿目はパスタ。
b0169330_217410.jpg
「トマトタリオリーニ 親父のスルメイカの一夜干しとトキメキトマトのアーリオオーリオ 弥栄の柚子胡椒風味」
b0169330_21321836.jpg
b0169330_21323161.jpg
b0169330_21323752.jpg
段々と夜も更けてきて、
b0169330_22355772.jpg
神楽坂の夜のムードが高まる中、
b0169330_2236536.jpg
六皿目のお魚料理。
b0169330_22361179.jpg
浜田港直送の本日のお魚料理は、
b0169330_22361990.jpg
「一本釣りの真鯛のポワレ グリーンピースのソースで」
b0169330_22362790.jpg
b0169330_22364382.jpg
b0169330_22475252.jpg
b0169330_22481457.jpg
そして七皿目は、
b0169330_2248088.jpg
本日のお肉料理。
b0169330_2248723.jpg
「奥出雲和牛の炭火焼き 旭町原木椎茸のグラチナード 干し椎茸の香るポルト酒ソース」
b0169330_22564357.jpg
最後八皿目は、
b0169330_22565077.jpg
「本日のデザート」。
b0169330_22565752.jpg
b0169330_225748.jpg
コーヒーと一緒に、
b0169330_2352634.jpg
小菓子も。
b0169330_2355865.jpg
夜の神楽坂で、
b0169330_2355098.jpg
暮れ行く街並みを見下ろしながら、
b0169330_23242622.jpg
島根の旬の食材を使った美味しいイタリアンを家族で堪能することができました。
b0169330_1755614.jpg


by kyoto-omoide | 2019-03-28 17:00 | 東京 | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 10年の月日が流れ・・・      神楽坂 -鎮護山 善國寺~鳥茶... >>