MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 03月 17日

京の冬の旅2019 -轉法輪寺(後編)-

b0169330_7223262.jpg
裸の阿弥陀さま。



b0169330_7335146.jpg
轉法輪寺には、
b0169330_21445253.jpg
大きな阿弥陀さまの他に、もう一体阿弥陀さまがおられます。
b0169330_2232569.jpg
本堂の後に進みます。
b0169330_21534053.jpg
まず左側にいらっしゃる、
b0169330_21534921.jpg
阿弥陀さまに手を合わせ、
b0169330_22102072.jpg
奥に進むと、
b0169330_7221969.jpg
見えてくるのが、
b0169330_2153571.jpg
もう一つの阿弥陀さま、
b0169330_7334520.jpg
「裸形阿弥陀如来立像」。
b0169330_22103574.jpg
高さは約90cmで、
b0169330_7222782.jpg
文字通り裸のお姿に、
b0169330_733748.jpg
袈裟の生地で作った袴だけを履かれています。
b0169330_7331319.jpg
和やかな表情には、
b0169330_2221378.jpg
癒しさえ感じるほどで、
b0169330_22211898.jpg
ありがたく手を合わさせていただきました。
b0169330_7332068.jpg
室町時代の作と伝わり、
b0169330_7333956.jpg
安産に御利益があるとして広く信仰を集めてきました。
b0169330_23283549.jpg
裸の阿弥陀さまと、
b0169330_23284086.jpg
大きな阿弥陀さまにお参りし、
b0169330_14324766.jpg
庭園を眺めながら、
b0169330_14325284.jpg
廊下を進みます。
b0169330_851314.jpg
客殿に入ると、
b0169330_8514531.jpg
寺宝と、
b0169330_8513822.jpg
開山の関通上人坐像が展示されていました。
b0169330_858678.jpg
関通上人は、江戸での修行を終え、生地尾張への帰路の途中、箱根の関所にて、極楽浄土への符券は南無阿彌陀佛の念佛であると悟り、自ら関通と名乗って以後、諸人を教化してお念佛の符券を与え、多くの人々に極楽往生を遂げさせた方と伝わります。
b0169330_8515159.jpg
法然上人絵伝を四幅同時に見ることができるのも貴重な機会で、
b0169330_8581293.jpg
ほかにもお軸などを見ることができました。
b0169330_858243.jpg
お参りと、
b0169330_8582994.jpg
寺宝を見た後は、
b0169330_991522.jpg
接待の甘茶(志納金100円)をいただきます。
b0169330_992091.jpg
お寺のオリジナルおせんべいと、
b0169330_993134.jpg
お庭を眺めながらいただきます。
b0169330_993615.jpg
釈迦誕生時の甘露の雨になぞったという甘茶は、
b0169330_994887.jpg
ほっこりする温かさで、
b0169330_957858.jpg
おせんべいによく合います。
b0169330_9572093.jpg
この日も寒い日でしたが、
b0169330_9572619.jpg
身も心も、
b0169330_14324164.jpg
暖まらせていただきました。
b0169330_7252487.jpg
見所満載で、写真撮影もすべてOKという轉法輪寺、
b0169330_21595449.jpg
京の冬の旅の公開も明日18日までとなりましたが、その後の公開は未定とのことで、是非この機会の訪問をお勧めしたいお寺です。

by kyoto-omoide | 2019-03-17 10:20 | 京都(特別公開) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 京の冬の旅2019 -エピロー...      京の冬の旅2019 -轉法輪寺... >>