MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 04月 14日

桜の京都2019 -二條若狭屋寺町店 「京の桜」-

b0169330_2151692.jpg
さくら色のかき氷。



b0169330_2252333.jpg
寺町二条にある「二條若狭屋寺町店」。
b0169330_22581648.jpg
老舗和菓子店・二條若狭屋の寺町店で、
b0169330_22581472.jpg
1階は名物の「家喜芋」や「不老泉」などの販売スペースで、2階には茶房があり、季節の生菓子やくずきり、ぜんざい、かき氷などをいただくことができます。
b0169330_22581630.jpg
最近は独創的なかき氷で人気になっており、通年でいただくことができます。
b0169330_22522333.jpg
前回は夏に、季節ごとに変わる5種類の自家製シロップが楽しめる人気のかき氷「彩雲」をいただきに訪れました。
b0169330_7194070.jpg
中に入ると、
b0169330_7194551.jpg
春らしい季節の生菓子が並んでいました。
b0169330_7202541.jpg
2階に上がると、
b0169330_7203034.jpg
落ち着いた雰囲気の茶房が広がります。
b0169330_7201597.jpg
b0169330_7202021.jpg
b0169330_7201032.jpg
一番奥の席に座りました。
b0169330_720526.jpg
b0169330_7203552.jpg
b0169330_7252136.jpg
b0169330_7252744.jpg
昔ながらの茶房の雰囲気で、
b0169330_7251668.jpg
ゆっくりできます。
b0169330_72009.jpg
最初にお冷と、
b0169330_7191372.jpg
二條若狭屋の名物、やき栗とふく栗がサービスで出てきます。
b0169330_7192490.jpg
厳選した大粒の栗をまるごと上質な栗餡とこし餡の二重餡で包み、羊羹をかけて仕上げた「ふく栗」。大粒の栗をまるごと栗餡で包み、こんがりと焼き上げた「やき栗」。
b0169330_7193495.jpg
どちらも素朴でほっこりする美味しさです。
b0169330_7195545.jpg
注文したのは人気のかき氷、
b0169330_7195147.jpg
今回は季節のかき氷をいただきました。
b0169330_22202372.jpg
しばらくして、
b0169330_21503477.jpg
運ばれてきたのが、
b0169330_21510100.jpg
「京の桜(1200円)」。
b0169330_21511421.jpg
桜の咲く京都でいただく、
b0169330_21513525.jpg
特別な桜のかき氷で、
b0169330_22204458.jpg
ほんのり甘い桜のシロップと煎茶のシロップがたっぷりかかった氷に、
b0169330_22210100.jpg
桜の花をあしらった羊羹と、
b0169330_2221613.jpg
塩気のきいたぶぶあられが散りばめられています。
b0169330_23414823.jpg
別添えで求肥と漉し餡が一緒に出てきます。
b0169330_22205481.jpg
桜色に染まるかき氷、
b0169330_2341238.jpg
京の桜を愛でながら味わいます。
b0169330_2221116.jpg
ほんのり甘い桜シロップと、
b0169330_2341955.jpg
上質な煎茶のあっさりとした風味。
b0169330_23415376.jpg
口の中が桜一色に染まりました。
b0169330_22581567.jpg
かき氷で人気の二條若狭屋寺町店で桜のかき氷をいただき、京の桜巡りのプロローグとしました。

by kyoto-omoide | 2019-04-14 12:00 | 京都(cafe) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 桜の京都2019 -平安神宮 ...      桜の京都2019 -春はあけぼ... >>