MEMORY OF KYOTOLIFE

kyotomoide.exblog.jp
ブログトップ | ログイン
2019年 08月 02日

ある夏の日の一日(後編)

b0169330_7204927.jpg
京都氷@渋谷



b0169330_2047451.jpg
そして、
b0169330_20473088.jpg
新宿から渋谷へ。
b0169330_20473645.jpg
渋谷駅前の渋谷ヒカリエを訪れました。
b0169330_20472422.jpg
ビルが夏空を映します。
b0169330_23431766.jpg
この5階にあるのが「茶庭然花抄院」。
b0169330_23432379.jpg
京都室町御菓子司「然花抄院」の支店として2012年4月に渋谷ヒカリエの開業とともにオープンしました。
b0169330_2047729.jpg
京都の室町本店には2回(1回目2回目)、渋谷ヒカリエ店にも2回、これまでに訪れていますが、
b0169330_23433196.jpg
今回のお目当てはこちら。
b0169330_23435180.jpg
中に案内いただき、
b0169330_23562485.jpg
外を見渡すカウンター席に座りました。
b0169330_23563064.jpg
窓の外は、
b0169330_23435739.jpg
渋谷駅前のロータリーを見下ろします。
b0169330_23433967.jpg
生カステラ「然のかすてら」で知られる然花抄院、お店では斬新な和スィーツをいただくことができます。
b0169330_23563793.jpg
注文してしばらく待っていると、
b0169330_23564211.jpg
注文していたかき氷が運ばれてきました。
b0169330_23564712.jpg
然ノ氷「光蜜氷(みつみつごおり)(1500円)」。
b0169330_7205645.jpg
見た目も美しい紫色のかき氷、
b0169330_721290.jpg
遊び心あふれる氷菓になっていて、リキュール入りの砂糖菓子が散りばめられ、中には蜜柑ゼリーが隠れています。
b0169330_7211552.jpg
セットのお茶は、
b0169330_7391522.jpg
京番茶でいただきました。
b0169330_7331217.jpg
さて、光蜜氷、味の変化が楽しめるよう蜂蜜レモンのシロップが添えられていますが、
b0169330_7331939.jpg
これをかけると、
b0169330_7332644.jpg
氷が紫色からピンク色に一変。
b0169330_733328.jpg
目でも楽しみながら味わうことができる、
b0169330_7333995.jpg
不思議なかき氷です。
b0169330_7383610.jpg
b0169330_7384321.jpg
リキュール菓子と、
b0169330_7384833.jpg
寒天菓子の彩りと、
b0169330_739823.jpg
中に隠れた密柑ゼリー。
b0169330_7385517.jpg
蜂蜜レモンのシロップですっきりさっぱりといただけるかき氷になっていました。
b0169330_739297.jpg
光蜜氷は8月中旬までの期間限定で、
b0169330_2047133.jpg
その後は「黒蜜法師」という氷が登場するそうです。
b0169330_20471972.jpg
暑い新宿御苑を歩き、熱いラーメンをいただき、冷たい氷をいただいて、暑い京都を思い浮かべながら夏の1日を過ごすことができました。

by kyoto-omoide | 2019-08-02 12:00 | 京都(IN東京) | Comments(0)
名前
URL
画像認証
削除用パスワード


<< 鎌倉散歩 #69 -真夏のお寺...      ある夏の日の一日(前編) >>